<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

出産を間近に控えて遠出も出来ないし、ここのところずっと独り洋裁祭りでした。

発端は「しま○ら」よりも安いと噂の某激安用品店の一角の布地コーナーをなんとなく漁っていたところ、リバティプリントのような洒落た花柄の布地を発見!ちゃんと日本製の割と高級そうな布地なのに激安!「ほんとに縫えるの??」とばかりに半信半疑の旦那、しかしこれは拾い物!と説得して2mカットを二束購入。4mの布地を前に洋裁熱が爆発しちゃいました。

人形の衣装やベビー小物ばかり作っていたところに久々の洋裁...とりあえず肩ならしに先日、無印良品の季節のお買い得品セールで買ったカシュクールのワンピから方眼紙に型紙を起こして布地をカット。
c0047024_1292772.jpg

割と単純なパターンで出来ていたのでなんとか完成!
勢いづいて手芸屋でメンズのアロハの型紙と木のボタンを購入。
これはサイズ通りに型紙をカットするだけなので楽チン♪と思いきや、メンズの方が肩幅も大きく布地の裁断に手間がかかりました。

そんなこんなで完成品!
c0047024_1292773.jpg

絶対にペアで着ることはないですけどね。

さて試着タイム。
c0047024_1292713.jpg

無事に着られる様子にホッε-(´・`)

私の方は...かなりポッコリでギリギリですが...(しかも二の腕スゲェ...)
c0047024_2401933.jpg

ちゃんと着られる物が出来るってほんと感動です☆
制作日数はワンピースで4日ほど、シャツは5日ほど。
制作費は布、型紙、ボタンで総額約1,150円??
ワンピなんて布とバイアステープで約815円の制作費...と計算して悦に入る...貧乏発想過ぎてせつない...。
さらに余布でスタイと猫の首輪まで作れちゃいました。
c0047024_242129.jpg

しかし、猫の首輪...サイズ間違えて作り直しです;

さらに調子に乗ってカシュクールワンピをもう一着!
c0047024_1292721.jpg

今度はレトロなバラ柄。これも某用品店で購入した布地なんですよね...
こちらは型紙使い回しなので3日ほどで完成!
c0047024_1292840.jpg

手前のグレーのワンピが元ネタです。
c0047024_2484828.jpg

胸元の緩いドレープが再現出来なかったけど、まぁ良しとしましょう。

そういえば私が高校か専門学校出る頃くらいまでファッション雑誌「so-en」は「洋裁雑誌」で付録に掲載服の実物大の型紙が付いてて、時折、簡単そうなスカートやワンピを自作してたものですが...地味なオボコい娘だった私はあの頃の尖ったファッション系(雑誌キューティとか全盛期だったなぁ...)の専門学校に進む勇気がなかったので洋裁はたまの趣味になり果てました...だからかなり自己流。
あの頃ちゃんと手に職付けておけばよかったゼィ...と悔やまれます。

そんなこんなで比較的平和な日々を過ごしていたのですが...事件発生!
なんと愛猫モーシャが左前足を骨折!!!
この話の続きは猫ブログの方で...(ノ_・。)ほんと参ってます...。
[PR]
by tosakanekosha | 2010-05-25 01:29 | 妊娠・出産・育児

男の子キャップ??

続けて映画ネタを書こうと思いつつ...
出産まで1ヶ月きって焦燥感に狩られ再びお裁縫熱大爆発中です。

マタニティ雑誌で見かけた「男の子キャップ」なるもの。
これ、オムツ替えの時に男児のおしっこが「ぴゅ〜」っと飛び跳ねるのを未然に防ぐグッズなのですが、「おお、便利そう!」と思ってネットショッピングで調べてみたら意外とお高い...(5個入りで3000円近くする!)。商品詳細で素材やサイズなど見てみると...作れそう?ということで、作っちゃいました。

以下、「男の子キャップー手作り編」

まず、6センチくらいの円形の皿などで型紙を作ります。
(我が家の場合はいつか食べた峠の釜飯の蓋がジャストサイズでした...)
その半円のさらに1/4をカットした残り3/4が型紙になります。
c0047024_263968.jpg

その型紙で生地の裏側にラインを引いて、周囲の縫い代5ミリを足した2枚の生地を切り抜きます。
表地はお好きな柄の端切れで、中側はパイル地等の吸水性の良いものがおすすめ。
生地の表を中にして2枚重ねて端のラインを縫います。
c0047024_263917.jpg

重ねた生地を開いて半分に折って、端0.5センチのところを最後1センチほど残して縫います。
c0047024_263957.jpg

その残した穴から生地を表に返します。
c0047024_263966.jpg

表に返した穴を手縫いで塞ぎます。
c0047024_263971.jpg

縫い上がったら裏返してパイル地を中側にして完成!

こんな調子でスタイの余布で続々完成!
c0047024_2152083.jpg

裏返してキレイに三角に仕上がるところがなんとも言えない快感ですよ〜!

これ、完成してみてネットで検索してみたら意外と手作り派がいてニヤリ。
男児のママンは是非お試しアレ!

さてさて、お裁縫祭りはまだまだ続いています...
実は男の子キャップが先々週で、先週はついに自分用ワンピ...今週は旦那のシャツが完成!

出産まであとどれくらい縫えるかな...??ドキドキ。
[PR]
by tosakanekosha | 2010-05-20 02:06 | 妊娠・出産・育児

アリスの3Dを見に行ったのでそのことを書こうかなぁ~と思いつつ、また時が流れてしまいました。
こうなると覚えているのは...ただ3Dメガネが重かったな...とか...そんな感じで。

3D初体験でしたが、メガネon3Dメガネで重過ぎて後半は貴族のオペラグラスの用に片手で支えながら見ておりました。昔の子供向け3Dみたいに紙製メガネ(記念にお土産になる)でいいのにね。
映画館では大画面で見るのが醍醐味なのに薄緑がかったグラスの色で画面が若干暗く、3Dの奥行きを出すためかメガネを装着すると画面が遠く小さくなってしまったのが残念でした。
アバターを見に行った知人は違和感が無くて画面の中に吸い込まれるようだったとのことですが、アリスとは違う仕組みなのかな??
全体的に飛び出す絵本のようなんだけど、人物も風景も変にペラペラで立体感が無いのが不思議でした(演出意図??)。アリスで3Dが生かされているのは冒頭の穴に落ちるシーンくらいなので、これは正直3Dで見なくてもいいかもしれません...??通常の大きな画面で見た方が気持ち良さそう。

そもそも今までだって大画面で映画を見てると、たとえ2Dでも都合良く目と脳が補正してくれて疑似3Dのような鑑賞体験をしてきたので、もし3Dに慣れてしまった場合、こういう原始的な補正能力(想像力、もしくは妄想力ともいう?)が退化してしまうのではないか???とか無駄に不安を感じたり…体の機能って使わないと退化するっていうし…
3Dテレビの普及もどうなんでしょうねぇ…これからは3Dが主流になっちゃうのかな??
つまらないバラエティ番組で3Dとか…(ダ○ョウ倶楽部のリアクション芸が飛び出すとか…)ちょっと嫌だな。

↓さて、ここからは映画の内容に関して少々ネタばれアリ。

続きはココ。
[PR]
by tosakanekosha | 2010-05-08 02:57 | 映画・テレビ・ゲーム