<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日、久しぶりに映画に行って参りました。

思い返せば昨年は忙しくてヤッターマン(フカキョンのドロンジョ姿が見たくて...)しか見に行く事が出来ず... 「映画好き」を名乗るのはオコガマしいのですが...
昔は仕事の関係で試写会も多かったし、独りでも平気で(むしろ独りの方が楽)ガンガン映画館に行けるほど映画好きだったのにな...(話題性だけのオサレな単館ヨーロッパ映画を見に行って悦に入っていたこともあったな...)とか思いつつ、最近はDVD借りてもなかなか2時間続けてゆっくり座って映画を鑑賞する余裕がないのも悲しいものです(前置き長いね...)。
で、まぁ、安定期に入ったし、それこそ子供が生まれたら映画を見る暇が無くなるので、今のうちに...ということで、ずっと公開を楽しみにしていたテリー・ギリアムの「Dr.パルナサスの鏡」を見てきました。

おおまかな物語は、Dr.パルナサスと名乗る老人と旅の一座(と、言っても娘を含めたたった4人)が「人の欲望を具現化してくれる鏡」をひっさげ、夢(希望)を無くしてしまった現代に失望しつつも旅して暮らしているところに、娘が16歳になったら引き渡す契約だという悪魔がやってきて、その悪魔と大きな賭けに出る!
さて、パルナサス博士の秘密とは??現代人は夢(希望)を取り戻す事が出来るのか??そして娘の初恋の行く末は??

うーん、ほんと面白かった映画って「面白かった!」の一言に尽きるので上手に伝わるかどうか...と思いつつ性分なんで書いちゃいますけど...

も〜、ほんと、期待以上!
このイマジネーションはどこからくるんだろう??ってくらい壮大なスケールの鏡の中の世界で、
書き割りを重ねた3D的情景が飛び出す絵本のように広がるシーンは圧巻!
馬車が引くキャラバンの舞台装置もモダンでステキ過ぎるし、廃墟的光景もチラホラあってステキ。
ストーリーも一筋縄ではいかない「モンティパイソン」のテリー・ギリアムだぁ!って嬉しくなるようなブラックさを秘めつつ、それでいてすごくきっちりファンタジーとして成立していて、実に発想が豊かで自由でした!
書き割りを重ねた3D的情景もそうだけど、モンティパイソン好きをニヤニヤさせるシーンが所々あるんですよ〜あれ(ネタバレになるので書かないけど特にあのシーン)を見て欲しいっ。

旅の一座の転機を左右する男として故ヒース・レジャーがいかがわしく妖しい男を好演してるし、撮影半ばの不幸でヒース・レジャーの代役に豪華3名の代役が立てられているんだけど、その部分も映画の内容をさらに面白くしてしまっていて(夢の中では別人になりたいよね...みたいな)、不幸中の幸いというか...実に奇妙な奇跡でした。

そして、なにより、いつもヒロインの少女選びが非常に上手だと思うのです。
娘役のリリー・コールのいい意味で危ういファニーフェイスな幼さと裏腹のボインちゃん(←表現古)なメリハリボディがまたロリ全開!この物語を引き立たせる美しさ!目の保養☆
その昔、「バロン」ではまだ子役のサラ・ポリー(←海外ドラマ「アヴォンリーへの道」のセーラ役、後に「死ぬまでにしたい10の事」で脚光を浴びた)を発掘してるし、「ローズ・イン・タイドランド」の主役の少女(名前を失念)も素晴らしかった。監督、よくわかってますな..ふふ。

「ローズ・イン・タイドランド」(←一部グロ過ぎてアメリカでは上映禁止だったらしい)も大きい声では言いずらいけど大好きな映画のひとつでしたが、今回の映画は個人的に今まで見た中のテリー・ギリアム作品の中で一番好きかもしれません。そして、すでに1月にして今年1番お気に入りの映画になりそうです。激オススメ。

さてさて、まだ出産までに2本は映画を見ておきたいものですね〜。
鑑賞中はお腹の中の人もポコポコ活発で楽しんでいたみたいです(?)。
とりあえず4月公開のティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド」は見に行くでしょうなぁ〜。話題のアバターも大型スクリーンで見たいんですけどねぇ...3Dは胎教に悪そう??
「オーシャンズ」は胎教に良さげだけど...

そして、こういう良作を見せつけられると、駄作のハリウッドリメイクとか、最近乱発されてる惚れた腫れたの挙げ句に恋人が病気で死んじゃったりするアイデアもイマジネーションもなにもない貧乏臭いだけの邦画などに1800円払うのは惜しいね...と旦那と語らうのでした。
あ、制作費だけ莫大な漫画原作系邦画も酷いものがあるけど...


画像は全然関係ないリンゴケーキ。
c0047024_1523556.jpg

ホットケーキミックスを使用してシフォンケーキの型で無理矢理焼いたけどなかなか美味しかったです。とっても簡単で焼き上がりも味もそれっぽいので(←どれっぽいのさ?)更なる研究後このレシピは次回にでも?
人形制作へ向かう情熱を持て余して何故かお菓子作り...あうー。しっかりしたい。
[PR]
by tosakanekosha | 2010-01-29 01:52 | 映画・テレビ・ゲーム

あんみつと毛玉取り大会

色々な報告や準備や休養を兼ねて実家にちょっと単身帰省してきました。
久々の単身、この機会に友人に会っておこう!と目論んでいたのに、実際は体が着いて行かず...
家族と実家の最寄り駅ビルやデパートに行く程度で旧友にも1人しか会えなかったのでした...うーん、思っていた以上に無理が効かないものですなぁ...(´・ω・`)ションボリ
年賀状に1月に帰省する宣言をしてしまった友人達よ...こんな不義理で申し訳ないですm(-_-)m スマヌ

酒も飲めないので、とにかく美味しいものを食べるしか楽しみがないのですが、このところポコポコ自己主張するようになったお腹の中の人が美味いものに尽く「ポコリ」と反応するので面白いです。お腹が空けばポコリ...目覚まし代わりにポコリ...いいチームワーク?です。

そしてこのところ何故かスイーツと言えば「あんみつ」ばかり食べたくなる。
c0047024_312935.jpg

念願叶って若松のクリームあんみつ!!!大好物です。

どこか忘れたけど、これも美味しかった。
c0047024_312963.jpg

ほうじ茶のアイスと白玉団子のあんみつ♪

いつも、帰省となれば許す限り遊び歩いておりましたが...
今回、家でゆっくりしている時間が長かったので、グダグダお喋りしながらテレビを見ながらひたすら母とセーターの毛玉取り大会をしていました。

母の編み出したらしい毛玉取り裏技?
これがとにかくよく採れる!壮快!素晴らしい達成感!

まずは毛玉の着いたセーターを太ももの上に皺の寄らないように引き延ばし...
c0047024_312952.jpg

3本セットで売っているような顔剃り用のカミソリを寝かせて手前に優しくなぞるだけ!
c0047024_312911.jpg

ほうら、こんなに良く採れる!
c0047024_312916.jpg

この方法だと毛玉取り機のように騒音も無く電池いらずだし、毛玉予備軍の余計な起毛もカット出来ていい感じ。捨てようと思っていたセーターが蘇った時の達成感が癖になりますよ〜。

注意点としてはカミソリを横に引かない、刃を立てすぎない(毛糸が千切れます)。
同じ場所を何度もソリソリしすぎない(セーターの毛糸が痩せるので)。
そして、勢い余って指先を切らないように...お試しア〜レ!

って、ほんと実家に帰ってまで何をやっているんでしょうね〜??
貧乏性なのでジッとしていても何か手仕事していたいんですよねぇ...これは血筋?
[PR]
by tosakanekosha | 2010-01-22 02:12 | 妊娠・出産・育児

海へ南へ

c0047024_2184867.jpg

お正月は天気にも恵まれず近所の大型スーパーに買い出しに行く程度で終わってしまったので、久々に南知多まで足を伸ばしてきました。
c0047024_2183458.jpg

深呼吸してお腹に新鮮な海の空気を送り込む。
真冬の海は大好きなんですけどね...頬に当たる風は冷たく...

ほんとのお目当てはこちら?
c0047024_2185845.jpg

うつみ食堂のジャコ天定食&ジャコ丼♪
c0047024_219714.jpg

釜揚げされたジャコがフンワリ食感で絶品!
ジャコ天も癖になりそうな美味しさ♪満足。

これだけで帰るのはもったいないので、たまたま見かけたチラシを頼りに菜の花畑へ。
この菜の花畑、なんと12月中旬〜やっているらしい...えーっ??
やっとこさ辿り着くと入り口は鄙びたビニールハウス。
おばあちゃんが仕切る受付でハサミとビニール袋を渡されれ、
「花の芽は上から15センチぐらいのとこで切って袋いっぱいどうぞ、花は5本まで」
と、なにやら呪文のように告げられ、わけもわからず菜の花畑へ送り出されてしまう。
しかし、どこを見渡しても菜の花畑はなく不安にかられつつ歩を進めると急に目の前に緑が広がる。
c0047024_219182.jpg

おお、なるほど、食用の菜の花畑だったのですね!
とにかく、やわらかそうな芽(ツボミ周辺15センチ)をひたすらカットし続け袋いっぱいにする。おお、なんという充実感!
しかし、菜の花は...??と、遠方に目をやると楽しそうなファミリーの人影が...
菜の花畑もちゃんとありました〜!
c0047024_1544636.jpg

食料をゲットしてお花も摘めて、これで大人1人400円はお得かも?

その晩は早速、菜の花の天ぷら♪
c0047024_2202141.jpg

菜の花の独特な苦みがなく(!)アスパラのように甘くてサクサク♪
それを南知多の塩で頂きました。

次の日は菜の花とジャコを金のゴマだれ(←最近のお気に入り)で絡めたサラダにしてみる。
c0047024_2203089.jpg

これも美味しかった〜♪
これまでの菜の花のイメージ(癖のある苦み)がガラリとかわりました。
摘みたての菜の花って甘いんですね〜。

そして、咲いているお花は故みーちゃんの仏前に捧げました。
春のお散歩が大好きだったみーちゃんに春の香りが届いたかな?
なんて感傷に浸っていると...その花をモーシャがこっそりつまみ食い...観賞用は食べちゃ駄目よ!
c0047024_2192986.jpg

[PR]
by tosakanekosha | 2010-01-12 02:22 | 食べ物

明けましておめでとうございます☆
近頃ゆるゆる更新なブログですが...
本年もよろしくお願いします!

我が家の今年の年賀状は相場るい児作の虎でした。
c0047024_2344341.jpg

アトリエのドアの前で奇麗な模様の菓子箱に座らせて撮ったら、ちょうどジャングルカラーな仕上げになりました。

四つ足バージョンも恰好いいんですよ〜。
c0047024_2345481.jpg

毎年、各地の干支展でご好評頂いているシリーズもようやく半ば(6種類)まできました。
全部揃ったら圧巻だろうなぁ〜。
[PR]
by tosakanekosha | 2010-01-02 02:31 | 日々の泡