<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぎゃー、気が付いたら2008年最後のblogになってしまいました。
前回から10日…え?3日くらいの早さに感じます。
なんでしょうね、年末になると急に時の流れがマッハですよ。

しかしまぁ…今年はいろいろあり過ぎて…同じ一年に起こったこととは思えないです。
年明け早々からリフォーム工事の続きしていたんですよね〜。来月でようやく引っ越して1年なんでした。その浮かれた様子は自blogを振り返るとよくわかります。フワフワワクワク…

まさかその後、自分の状況が一変してしまうとは…
今までどんなことが起ころうとなんとか切り抜けて笑ってこれたのに今度ばかりは自力ではなんともならないことばかりで…体調も何もかもグダグダで。
今まで信じていた「自分」というものが実はなんとも薄っぺらくて、自分が自分でなくなるような、自分の持っていたちっぽけな良心も叩き砕かれるような…そして残りカスの自分を拾い集めてようやく取り繕っているような感じで…
個展の手伝いの時はなんとか奮っておりましたが、こんなエネルギー不足で人前に立って申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
全てを諦められたら、もっと気楽に生きられるんでしょうけど…悪あがきをしてしまうんです。
いろいろ諦められなくて、いろいろやってみたくて、どれも中途半端で…

それでも今年はムーという愛息猫(FF的にいうと招集獣)が増え、病気で一時は死の境を彷徨ったみーちゃんとなんとか元気に一緒に年を越せたり、旧友に再会したり、新しい友人が増えたり、美味しいもの食べたり、空の色に心洗われたり、気持ちの良い音楽に救われたり…
動画投稿も新境地で楽しかったなぁ〜(スキルが追い付いてないけど)よし、来年は踊ってみるか…歌ってみるか…(嘘)

来年は心改めて、散り散りになった自分の欠片を新しく集めてみましょうか…
きっと、それはもっと単純なことで、「嫌いっ、イヤ!」にばかり目を向けないで「あ、これ好きかも!」をいっぱい集めることなんだけど…出来るかしら…いろいろ模索中(今回すごく抽象的な表現ですいません)。

とりあえず人形展はふたつほど…出せそうです。グズグズばかり言っていないでがんばらねば。

ストーブの前で幸せそうなミー&ムー
c0047024_232846.jpg

c0047024_232825.jpg

せめて、この幸せそうな寝顔だけは守ってやりたいものです。

では皆様、良いお年を〜☆
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-31 02:32 | 日々の泡

海賊王に俺もなる!

先日、名古屋の大須を通りがかった時に公園で見かけた海賊王ブランコ。
c0047024_2283485.jpg

腕、びよーん。
c0047024_2283443.jpg

ある意味ルフィーです。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-21 02:28 | コレクション

先日、旦那の名古屋での干支展(ギャラリー顕美子で絶賛開催中です!)の初日にギャラリーに少し顔を出した帰りに、名古屋の骨董祭に足を伸ばしてきました。
そ、そこで運命の出会いをしてしまったぁぁぁぁぁ!
それは見目麗しい小さな足踏みオルガン♪
c0047024_1543736.jpg

最初は「おっ!」と思ったものの、高そうだし目の毒…と通り過ぎたものの、ちょうど気になって戻ったお店の横にちんまりと置いてあって、なにやら雑に試し弾きなんてされている…
そんな様子を気の毒に思いさりげなく近寄って見ると…「え?」
それはワンピースが1枚買えるくらいのお値段が千切ったメモ紙に殴り書きされて貼ってありました。
「か、買えないお値段じゃないな…」と、思った瞬間に顔が火照り変な汗が…
ダメ元で旦那に相談すると段々その気になり、早いけど私へのクリスマスプレゼントってことで決まり!
早速、お店の主人と交渉してみると、付いてる値段よりなんと6千円も下がりました(汗)もっと粘ればもっと安くなったかもね〜なんていいながらワクワクとお持ち帰りしました。

さて、持ち帰って早速いろいろ弄りながらウットリ。
何が良いかと言えば、この廃テイスト!
ネットオークションならジャンク扱いされかねないこの状態の悪さ…(特に鍵盤の色ね)
いつか廃墟になった木造の小学校の教室で見た足踏みオルガンを思わせる、いい枯れ具合☆それなのにちゃんと貼りのある音が出る!
まぁ、4カ所ほど音のでない箇所がありましたが…二人ともろくに鍵盤楽器は弾けないので問題なし。オルガン音楽好きなんですよね〜賛美歌とか弾けたらステキなんでしょうけど…(T_T)
このフォルム!それだけで充分白飯3杯いけそうです!

♪ベビーリードオルガン♪
メーカーはYAMAHA
c0047024_1543833.jpg

浜松工場で作られたようですね。
c0047024_1543879.jpg

この貨幣のデザインはなんでしょう?
少し掠れているけどいろんな貨幣が重なって描かれていて明治天皇即位記念とか書いてありました。
c0047024_1543865.jpg

この横からのアングルから見てもウットリ。
c0047024_1543888.jpg

ネットで調べて見るも詳細はわかりませんでしたが、なにやら大正時代のものらしいです。
なんと波乱の時代を生き延びて我が元にやって来てくれたのかと思うと愛しさが増します☆
そして、この横のデザインが上から見たら金魚の琉金の形に似ているところから金魚型ベビーオルガンと呼ばれていたそうな。金魚型って!!!もう可愛すぎ(メロメロ)。

参考頁→http://www2.dokidoki.ne.jp/tayori04/reedorgan1/kokusan5.html
(こうしてネットでいろいろ見比べると割といい状態なのかもしれない…??)

そんなわけで、只今、アトリエには振り返るとちょこんと彼女(オルガン※美少女設定で←アホ)が居るのです。うはぁ(*˘∀˘*)
いつか歳をとってもっとお金に余裕が出来たら修理していい響きを取り戻して元気よく歌わせてあげたいなぁ〜。でも廃テイストのままでもステキなんだけどね(個人的には☆)。

演奏会(撮影るい児氏)
c0047024_2171025.jpg

ジャジャーン♪
c0047024_2163095.jpg

そんなに乱暴にしちゃいやん☆
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-16 01:54 | コレクション

牛、焼けた。

昨日、牛、焼けました。
ある意味丸焼きですね。
角は無駄にゴージャスな金彩!
c0047024_1572136.jpg

ニヤリ。
c0047024_1572174.jpg

乳牛の方はこうして見るとかなり犬っぽいな…orz
c0047024_157222.jpg

こんな風に中は抜けてて土鈴仕上げです。
c0047024_1572259.jpg

痩せた牛だけど…音はいいのよ。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-15 01:57 | 人形制作雑記

嬉しい焼き上がり♪

さてさて焼き上がって参りました。
自分の作ったものが陶製で焼き上がるこの興奮!
これは普段の人形作りとはまた違った種類の感動体験です!

早速、貪欲ミーちゃん招き猫を繋いでみました。
c0047024_232123.jpg

首もぐるりと動くよ!
c0047024_232181.jpg

ムー招き猫は土鈴にしてみたけど、玉が小さく…(去勢したからじゃなわよ〜)申し訳程度にカラカラと軽い音がします。
c0047024_232162.jpg

ムーとご対面して耳を囓られた…(ドラえもん?)でも陶器だから無事。
c0047024_232113.jpg

実験作の変な頭部も絵付けしてちゃっかり焼いて貰っちゃいました。
c0047024_232124.jpg

超短時間でテキトーに作りすぎて歪だけど石膏粘土とはまた違ったラフスケッチ的な仕上がりで楽しい。

さて、明日は上絵の金をついでにちゃっかり施して貰った牛たちが焼き上がるのです♪
やせ細った牛が…ふふふ。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-13 02:03 | 人形制作雑記

年末素人陶芸ー絵付け編

みんなそんなに期待していないだろうけど…年末素人陶芸の続きですよ。

さて、あれからさらに増殖して牛(丑)2頭、貪欲招き猫・ノーマル招き猫と変な頭部の5品を素焼きして貰いました。
下絵の具で絵付け開始です。
まずは白目を剥いたままだった牛に黒目を入れました。
c0047024_2243641.jpg

後ろで冬毛ムクムクの貫禄の付いた猫が見ています。あれ?オッサン?
牛右「ヒソヒソ…まだ8ヶ月ですって…」
牛左「私達より良い肉ついてるんじゃなくて?」

猫にも目を入れ脱キツネです!
目の玉を丸〜く作ったつもりが…かなり歪で平均的に丸く塗るのに苦労しました。こういうところの詰めの甘さが素人ですね(^^;)
c0047024_2243632.jpg

ノーマル招き猫はムームー柄に。額にはもちろんエムの字を!
しかし、これだと5ヶ月くらいの頃の体型かも。
c0047024_2243683.jpg

そして貪欲招き猫はやっぱりミーちゃん。
c0047024_2243653.jpg

ここまでが昨日。
絵付けが完了して本日は透明釉薬を掛けました。
筆でポンポン乗せるように…ツヤを出したいところ、マットにするところを塗り分けたりと、これが以外と難しかった。
c0047024_2243664.jpg

後は焼き上がるのを待つばかり♪
今頃、窯の中で華麗にエステしてます(ツヤ仕上げ)。
万が一破裂して旦那の作品に迷惑がかからないように無事に焼き上がることを祈って…☆
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-12 02:24 | 人形制作雑記

貪欲に招く猫

るい児氏に有り難いことに早くも干支の追加注文が続々舞い込んで再び毎日アトリエ詰めに。
そんなこんなで私もそろそろ確定申告の準備をせねばと思いつつ…
干支に続いて招く猫も作ってみた。
招き猫じゃなくて、もっと貪欲に招く猫である。
c0047024_1341959.jpg

ついつい球体関節にしちゃう。
隣には恨めしそうな牛の顔が…干支なのに!?
そして、さらに後方には…で、でかい尻!!

ビスクドールと同様に中からゴムで引っ張って頭と手が自由に動かせる仕組み。それによってより多く福を招く予定…招いて貰わねば!!
c0047024_13419100.jpg

それにしても牛の目が…
この後、野生の牛君は旦那の指導の元、土鈴に生まれ変わりました。出世?

まだまだ懲りずに作るぞ…たぶん。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-08 01:34 | 人形制作雑記

空ばっかり見てる。

先日の嵐の後の空
c0047024_2134982.jpg

ジェット気流(?)に乗って雲が大移動する様子はエキサイティングでした。

夕暮れが世界を、そしてこの小さな町をも縁取るとき、どの風景も等しく愛しくなる。
c0047024_2141121.jpg

ケータイのカメラしか持ってないのがもどかしい。

最近、泣いたり熱で出たり怒ったり眠ったり猫撫でたりばっかりだな…
夕暮れのスーパー買い出しの車の助手席で空ばっかり見てる。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-07 02:14 | 写真館

干支出荷ラッシュがピークを過ぎたのでようやくゆるゆるペースが戻りつつあります。
そんなわけで今年も旦那に誘われ干支作りに挑戦!
昨年はカンガルーのようなネズミを見事作り上げましたが…さて今年は?

牛…普段なかなか作ろうと思いませんよね…絵で描くのだって難しい。
で、なんとか見本と資料をチラチラと眺めながら顔らしき形を作ってみたら…これがまた、かわいくねぇ〜!
人形でもそうなんですけど、なんか「可愛い」っていう作風…出来ないんですよね…。
デザイン的にまとめるセンスがないのかな…なので、リアル志向で写実風にしました。
去年より陶土の感触に慣れてきたけど…手やヘラにベタベタくっつく感じが馴染みません…。
c0047024_2145549.jpg

手捻りで中を抜いているので成形しているうちに体があちこち凹んで来てあんまりにもやせ細った牛になってしまい…旦那に「今にも死にそう…」と評される。
「野生の牛だからいいんだもんっ!」と言い訳しつつ、ちょっとアドバイスを受け修正。
しかし、作り込むほどに「可愛い」という造形からは遠く離れていってしまうのは何故??

ちょっとベロ出してみた。テヘッ
c0047024_2145554.jpg

いろいろ細かい部分があやふやで辻褄合わせるのが大変でした。

なんか野生の牛っていうか…ヤギっていうか…
c0047024_2145538.jpg

後ろ姿がいちばん牛っぽく出来た。
c0047024_2145512.jpg

昨年のカンガルーネズミと。
c0047024_2145537.jpg

乾いたら絵付けをします。
さてさて…どうなることやら??
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-06 02:14 | 人形制作雑記

世の中は油断ならない

前回、ミルモジャの記事を書くにあたって久々に以前よく覗いていた里親募集サイトなどを巡っていたら「ボランティア詐欺」っていう言葉に引っかかり、ちょっと検索してみたら…
出てくるわ出てくるわ…有名どころの里親ボランティアサイトの黒い噂。

募金を募って収支を報告しないところはまだまだで、寄付だけ募って虐待・殺処分なんていう逮捕に至ったブラックなケースやら、アンケートや誓約書と偽って個人情報を集めて横流ししているようなところや、病気の子を偽って里子に出し、病気が発覚した頃合いにペットの健康食として怪しい高額商品を売りつけたり、宗教の勧誘もあったりして…
(気になる方は<詐欺ボランティア  危険ボランティア・愛護団体>などなどでググってみて下さい。※補足・里親詐欺で検索すると逆のパターンしか出てきませんでした…訂正しときました)
人の善意に付け込んだなんとも荒んだ世界だなぁ〜と驚愕しました。

その黒い噂の団体リストの中には以前、ムームーを貰う前に交渉していた里親サイトの名まであったのでした…。

そういえばあの時、必要以上に仕事内容やら家族構成やら在宅時間やら事細かく聞かれてキレそうになりながらメールのやりとりをしていて…結局、ダメだったんですよねぇ。
あの情報…もしかしたら横流しされているのかなぁ…と思ったら、仔猫の可愛さに目が眩んでそんな単純なことに気が付かないで色々と応えてしまった自分達を反省しました。

確かに猫を実験や虐待目的で里親になる悪質な里親詐欺も存在するらしいんだけど、それを口実に根ほり葉ほり身も知らないオバチャンに自分らの人生を査定されなきゃいけないのは何ともおかしい。

で、実体験や拾った情報を検討して注意点をあげれば…
里親を希望するときは市の保健所などが行っている譲渡会や近郊の獣医さんを当たってみるのが一番安全だということ。ムームーとの出会いも本当に恵まれていました。
里親募集サイトの投稿でも常連投稿者は避けて吉。本当に真摯にボランティアされている方もいるし、個人的にたまたま捨て猫に出逢って困っている人もいるので、一概に全て悪いわけではないけど、
何か怪しいバックのついた活動団体だったり、用途のハッキリしない寄付を募っていたり、殺処分の恐怖を煽るような記事をくどくどと載せたりしているところや、猫とのお見合い以前の段階で必要以上の個人情報を詳細にアンケートで聞いてくるようなところ、法律的に無意味な誓約書を要求するところなども(猫の飼い方の相違で返還を要求してきたりするらしい)、後々の猫とのハッピーライフに影を落とすことになるので避けた方が賢明だということです。

まぁ、縁があればどんな出会いの形でも猫はやってくるし、どの猫も暮らしてみれば世界に一匹の掛け替えのない最愛の猫になるんですけどね♪
なんて、ちょっとミルモジャに後ろ髪を引かれながらもムーを膝に書いております。

さて、先日、近所の色づいた紅葉を見に緩やかな坂を下ると先客がおりました。
c0047024_153097.jpg

猫は花見だってするし紅葉狩りだってするんです。
c0047024_1532096.jpg


この季節の空は本当に綺麗。
c0047024_1534399.jpg

ほんの一瞬で移ろいでいく空の色を捕らえるのはやはり難しい。
c0047024_154867.jpg

世の中は油断ならないけど、この世界を取り巻く空の色は変わりなく美しい。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-12-03 01:54 | 猫狂部屋