<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

花魁金魚

カッコウの娘はひとり元気いっぱいで…私は今夜もアトリエに。

和風のお人形が作りたいと思い立って作りかけの頭を大正ロマン風の束髪に仕上げたものの考え倦ねていたのだけど、以前なんとなく粘土を練ってたら手が勝手に作った放置ボディがあったので組み合わせてみたら少女の娼婦のような儚さが垣間見えたので花魁金魚にしてみることに。
まずは足ヒレですな。もちろん今回も二本足です。
c0047024_2175513.jpg

さて、手のポーズはどうしましょうか?
c0047024_217554.jpg

いろいろポーズを実際にやってみてギリギリ無理のない位置に納めるのに難儀しました(汗)。
c0047024_2175543.jpg

キセルを片手に各所の筋や括れが綺麗に見えるポーズ(のつもり)。うふん。
ここまで勢いでバーッと作ってからの細かい微調整がいつも大変なことに…
c0047024_2175576.jpg

なんとなく薔薇を添えて…作業はまだまだ続きます。

蛙の頭にも薔薇が咲いてます。うはは。
c0047024_2175551.jpg

[PR]
by tosakanekosha | 2008-05-27 02:17 | 人形制作雑記

体育座りでひきこもり

このところ心の平和が乱れそうな時はアトリエに避難。粘土を弄ってます。
あんまり心が散り散りなので、鳥獣少女人形たちと同時期に出来上がったものの毛がサイヤ人のように逆立ってしまい長らく放置して持て余し気味だった体育座り少年人形の御髪を整えてみたら、なかなかの好少年に変身!
c0047024_1405239.jpg

これがボサボサ時代。
c0047024_140531.jpg

私の中の少年=セーラー服&半ズボンの起源は80年代のりぼん誌上で連載されていた小田空の「空くんの手紙」ではないかと思われます。
森の中で「うさぎ」と二人で暮らしている少年のお伽話のようなコメディで、甘い砂糖菓子のような設定だけど、ちょっと可笑しくて、ちょっと寂しくて、最後はほんのり優しい気持ちが蘇る、そんな漫画なのです。大人になってから本屋の店頭で文庫(全2巻)になったのを見かけたときは小躍りして買いましたね、そして仕事帰りの電車(わざわざ各駅停車を選んで)で読み耽って、数ある漫画の中でなぜ、自分が大人になってもこの漫画の存在を忘れることがなかったのかを再確認しました。軽いギャグをかましながらも実はとても奥が深い哲学的な物語なのでした。
c0047024_1405339.jpg

空くん萌え(当時そんな言葉はない)だったヒト結構いるとおもうんですよねぇ。
c0047024_1405329.jpg

これは空くんではありませんが…。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-05-25 01:40 | 人形制作雑記

眼球愛

アクリルの半球が手に入ったので人形用の眼球を手作りしてみました。
c0047024_1225126.jpg

本とかサイトで色々作り方を見かけたけど面倒臭さそうだったので、結局は自分の頭の中でテキトーにシミュレートしたやり方で作ったので、すごく大雑把な作りで実用性には厳しそう(?)だけど、なんとなくそれっぽい生々しさと美しさのギリギリの仕上がりでしょうか…鑑賞用?ちゃんと血管付。
c0047024_1225254.jpg

こんなガラスのシャーレに入れると、ますます怪しい実験室っぽい。
c0047024_1225228.jpg

掌に乗せれば第三の目に。
さぁ、貴殿の未来もこれでお見通しですぞ、フォフォフォ!

なんて作ってはみたものの、実用性で言えばドイツの職人の吹きガラスの目には敵わないなぁ…まず「ガラスの眼球」って響きが美しいし。うーん。
これはこれで作るのは楽しいんですけどね。イヒヒ。
今後の研究課題としましょう。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-05-18 01:22 | 人形制作雑記

たった5泊6日の予告家出から帰って来ちまいましたよ〜。
さて、帰省中の私が何をしていたかと言えば…毎度毎度、胃薬を飲みつつも只ひたすら食って呑んで喋ってきました。

まず着いて早々にIKEAのフードコートでいかにも北欧チックなキャラメルナッツケーキ。
c0047024_1405291.jpg

ファミリー会員(←無料ね)になればコーヒー紅茶代も無料ってことで、ケーキ代250円!
雑貨だけでなくフードコートもリーズナブル♪ステキ。

夜は横浜ららぽーとのフードコートの「えぼし」の刺身定食♪
c0047024_1405224.jpg

んー、うまい!ちなみに向かいの姉はウニ丼を。
夕飯の支度からの開放感に酔いしれます。

そして翌日は友人に連れられ表参道のピエールエレメで有閑マダーム気分でお茶を☆(←酒じゃん!)
c0047024_1405225.jpg

お高いとは聞いてはいたもののメニューの値段見てビビリました。半ばやけくそ気味にワインのセットを…とろけるように甘〜いワインとチョコレートの相性は最高ですな。フォフォフォ(泣)

家では法事で泊まりに来た(そうそう、法事で帰省したんでした)仙台の親戚がハウス栽培しているイチゴの土産が!!!
c0047024_1405343.jpg

仙台発のブランドイチゴ「もういっこ」。
品評会で審査員が他の甘〜いイチゴに押され味がわからなくなってきて「ん?もういっこ」と言って食べたところから付いたネーミングらしいです。
味は甘さと酸味が程よく飽きのこない頬張るのが嬉しい大粒のイチゴです。店頭で見かけた際には是非食べてみて欲しいですねぇ〜このイチゴらしさは良いと思うのです。

そんなこんなで、他にも色々とグルメ三昧だったのですが、これ以上書くとこれを見た旦那が悶絶しそうなのでかなり割愛して…

最後は新幹線で食べた駅弁「21世紀出陣弁当」←なんぞ?
c0047024_1405342.jpg

大人の駅弁大賞受賞という肩書きに誘われて「シュチュジン弁当下さい…」と、略したのに上手く言えないまま手に入れました。
煮物、焼き物、笹カマ、味噌田楽などのおかずがどれもハズレなくしっかりと美味しく完食。
車窓を流れゆく富士山を拝みながらツブツブいちごポッキーを囓りちょっとセンチな気分で青春時代にさよならを告げました…嗚呼!
[PR]
by tosakanekosha | 2008-05-15 01:40 | コレクション

「実家に帰らせて頂きます!」なんて啖呵切って裸足のまま家を出ていったりとか、
「チチキトクイエカエレ」という電報が届いたりとか、
「私の詩集買ってください」(たまに新宿で見かけるアレね…)とか、嘘、あれはイヤだけど、
そんな事とは関係なく久々に叔父の法事を兼ねて実家へ帰省しまーす!
何しろ昨年の夏から実家には帰っていないので「オラ、東京さ行ぐだ」って感じにお上り気分ですよ。あんなに散々、渋谷や新宿を職場にしていたのにねぇ…ううう。

GWは自営のような我が家には関係なく…近所のスーパーでたこ焼き食ったり、家でひたすら手芸指導などをしていた訳ですが…最近の小学生は玉留めが出来ないんですね、これも「ゆとり教育」の一環??いろいろ驚きの毎日ですが、それもこれもどれも、きっと「ゆとり教育」の成果なのでしょうね。たぶん。

最近、再び食欲のないミーちゃん…また痩せてしまって心配なんですが散歩だけは欠かせません!庭に出てはトカゲを追ったり、湿地帯では蛙やトンボの狩りごっこがしたくて(実際は捕れません)ぐいぐいリールを引っ張って歩きます。
我が家の近所は外出可家にゃんこが結構いて徘徊しておりますが、ついにシロちゃん(俗称)とご対面!なかなかの紳士のようで、そっとそっと近づいてきて敵意は無さそうでしたが
c0047024_1542529.jpg

しかしながら、みーちゃんは救急車のサイレンのような低い「アウー、アウー」と繰り返し
c0047024_1542538.jpg

シャー!って牙まで剥いちゃって、「べ、別に散歩してただけで、あんたになんか興味ないんだからっ!」てな感じでツンデレっぷりをアピール(?)。なかなか、素直になれぬ悩み多〜き年頃でッス♪

胃炎と闘いつつも夜は晩酌♪(こらこら)
c0047024_1542570.jpg

吟ちゃんから引っ越し祝いに頂いた焼酎、その名も猫又!
c0047024_1542592.jpg

この帯にグッときます。すっかりたぶらかされました。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-05-07 01:54 | 日々の泡