<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かもすぞ〜

今、相場家では「もやしもん」にはまってます!
「もやしもん(石川雅之・著/講談社)」というのはイブニングで連載されている漫画らしいです(単行本派なので未確認)以前から書店の店頭で見かけるたびに気になっていたのですが、今のところ4巻まで刊行しているので今なら間に合う!と、久々に漫画を4巻大人買いしました。
物語は農大を舞台に細菌が肉眼で見えるという主人公と、細菌を研究しているゼミの仲間との人間ドラマと、時に細菌目線で展開するストーリーが入り乱れる異色ギャグ漫画で、細菌キャラの可愛さ(酵母菌などがキャラ化されている!)がなかなかよろしいです。
その細菌キャラが食べ物を発酵させたり人間を汚染するときに「かもすぞ〜(醸すぞ〜)」というので、我が家でも行動の前に何でも「かもすぞ〜」とか、「〜かもす?」と付けるのがプチブーム。そんなわけで…

人形かもすぞ〜!
ようやくDFJの原稿(次号の人・形ノートno.2は3月発売予定)が上がりましたので、久々に人形作りに励んでおります。
c0047024_223519.jpg

球体に粘土を貼ったので包帯にくるんで乾燥中。
もやしもんキャラ化(こんな感じです↑)してみました。
c0047024_2235284.jpg

これは2体同時に作っている女子の方。純和風の顔立ち。
c0047024_2235285.jpg

なんか太股ムチムチ…やばい下半身デブ…自分に似てきた。

旦那も名古屋の個展に向け制作に励んでいるので、ミー姫は退屈気味。
凛々しいお顔に見えますが…
c0047024_2235230.jpg

鼻の穴が黒いのは鼻クソが詰まっているから…と、取れない。
みーちゃんも私も早々と花粉症はじまりました…ぎゃぁぁぁ
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-27 02:23 | 人形制作雑記

空の色・花の色・海の色

c0047024_1494634.jpg

こういう現象を天使の梯子というらしい。
c0047024_15024.jpg

岸壁に咲く水仙の淡い黄色が揺れる。
c0047024_1502060.jpg

夕刻のこの色が好き。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-26 01:56 | 写真館

カニと水仙とメガネといえば…福井県!
c0047024_14163721.jpg

と、いうわけで、打ち合わせがてら日帰りで日本海側の福井県・越前市へ。
なんと日本のメガネの8割(!)を生産しているといわれる福井県(メガネ直売工場も有)。そしてこの時期は、なにより越前蟹が美味しい!!!そして海岸の岸壁に植えられた水仙が満開で見頃なんです。
c0047024_14163751.jpg

日本海だ!

以前から「るい児作品」ファンのご夫婦から熱心なラブコールを頂きまして11月に福井県越前市の「gecko cafe」で個展が決定しました(詳しくは本家HPも続々更新しておりますので 相場るい児 info をご覧下さい)。

11月17日(土)〜26日(月) PM12:00−19:00
相場るい児個展(仮題)
gecko cafe
福井県越前市芝原3-6-30師田ビル1F

オーナーの「おみつさん」こと津田三津代さん。
c0047024_14163714.jpg

普段はカフェとして営業しておりますが、個展開催時はお店を半分ギャラリーに改造!
版画家の江崎満さんの個展などなど企画展を実施して好評を博しているそうです。
店内は北欧系デザイン家具などでまとめられていて、コーヒーはモチロンのこと手作りパン(カモメ食堂のレシピを再現)やスコーン、ケーキも美味しい!福井の元気スポットです。
c0047024_14163753.jpg

本日のケーキはオレンジシフォンケーキ!雪山のようなふんわりクリームたっぷり♪
ウマー。

つづく…
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-20 14:16 | お知らせ/展示会告知

打ち合わせが終わって、いざ越前海岸へ!!
カニカニカニ…大きな蟹の看板に惹かれ入店してみると…メニューを見てゼロが一個多いのに仰天!!本場の越前蟹はお高いのですね…(あまり安いものは海外の偽物だったりするらしい)
c0047024_14155469.jpg

メニューに目眩しながらも退くに退けづ…思い切って奮発してみました。
捌いたばかりの越前蟹の蟹脚の刺身をギリシャ人がマスカットを頬張るように上に掲げて下から一気にパクッゥゥゥ…美味い!!これがやってみたかったのです。
焼き蟹も蟹ミソも最高でした(あと酒さえあれば…コラコラ)。

蟹で満たされた後は…水仙ランドへ。
日暮れと共に水仙がギッシリと植えられた丘から海を見下ろすと、雲の切れ間から幾重にも光のラインが降り注ぎ神々しい光景が広がっておりました。正に天使の梯子。
そこに水仙の香りをたっぷり含んだ冷たく澄んだ風が吹き抜けていきます。
c0047024_14155439.jpg

いつまでも眺めていたい…けど、日没が迫り退散。
(水仙&天使の梯子写真はまた次回にでも…)

帰り道にたまたま車を停めたところに愛染明王という神様が祭ってありました。
立て看板には明王が愛欲を忘れるために獅子の面を被り憤怒の形相で三日三晩踊り続けたという…(←いい加減な記憶力)縁結びとか、夫婦円満とか、愛欲に身悶える人々を救済するとかなんとか書いてありましたよ。とりあえずお参り。
ここ、なにやら不倫カップルに人気だとか…なんか出張とか言いながらこっそりホステスと蟹を食べに来ている中年男性の姿とかが目に浮かぶ。

その手前にはこんな看板も…
c0047024_1415549.jpg

いい味出してました。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-20 14:15 | 社会見学

声が気になる…

正月明けたと思ったら、もう1月の半ばですね…早い。
本家HPの更新もボチボチ、人形制作もボチボチ、原稿執筆もボチボチ…そんな感じで正月ムードもも落ち着きはじめた先日、久々に映画「鉄キン筋クリート(監督マイケル・アリアス)」を見てきました。
いちばん多感なお年頃(?)の10代後半に夢中になって読んだ松本大洋の漫画が原作のアニメーション映画です。

物語はー宝町という古い繁華街を根城に野良猫のように自由に飛び回り気高く生きる孤児のシロとクロという二人の少年がヤクザや警察と渡り合いながら都市開発に揉まれ自我との戦いのうちに成長していくというもの。
松本大洋の漫画は数年前にベランダダイビング窪塚(苦笑)が主演で実写化され話題になった「ピンポン」と同様、陰と陽、相反する性質を持った主人公の二人の少年の恋愛にも似た友情以上の絆がなんとも不思議な魅力で、どちらが欠けても成立しないような「まるいおせんべい」のような絆に憧れ恋に恋するお年頃には恋愛教本のように読んでおりました(ポッ)。
さらに、当時としてはかなり斬新で洗練された描線を持った漫画(後々影響されたであろう漫画家がゴロゴロ出てきた…)で、魚眼レンズで覗き込んだような独特なゆるい曲線で詳細に描き込まれた、大阪か浅草か…どこかであってどこでもない懐かしいのに近未来のような町並みや、ファッションセンス、主人公達の独自の言葉遣いなど強烈な魅力に溢れていて何度も何度も読み返したほど熱中したものです…
そんな青い頃の思い入れがいろいろありまして、アニメーション化には複雑な思いがありました。

で、本編。
全体的には監督の原作に対する愛が随所に見られ好感が持てました。
テクノちっくな音楽にのせて、緻密に描き込まれた、それでいてペーパークラフトを組み合わせたように薄っぺらい町並みを疾走していく映像に乗り物酔いのような感覚にくらくらしながら、「そうか、東京の町並みって張りぼてのように裏側がお粗末で、吹けば飛ぶような看板だらけのゴタゴタガサガサした町並みだよなぁ〜」と感心してみたり、「あ、これは下北だな」とか「浅草だぁ〜」とか「心斎橋のあの辺だね」とか発見の喜びがあったり、街の映像化だけにもかなりの手間と愛情が感じられます。都市開発による街の変貌と哀愁。路地萌えです。
しかしながら、シロとクロの街を疾走する軽やかさが若干足りないというか…アニメキャラ化された絵が、異様に足が小さくてパタパタした動きで、なんか…「クレヨンしんちゃん」みたいなのよね…(↑見終わった後の第一声が旦那も同じだった↓)。
さらに声、これが賛否両論だとは思うけど、私はあまり好ましくなかった…なんで無名でもリアルな年頃の少年の声にしなかったのかなぁ…と悔やまれるばかり。
最近こぞって俳優を起用しますが、あれ、好きじゃないんですよね。声で顔が見えるから。
特にシロの声が…蒼井優が嫌いなわけではなく、ただ、演技派女優といわれるヒトの演じる「白痴声」が苦手なので、間延びしたバカっぽい喋り方が、「クレヨンしんちゃん」(もしくは←のモノマネを嬉しそうに披露するグラビアアイドル)を連想させるというか…少年じゃないのよね。
子供ってもっと、こう声の張り方が不安定で一生懸命に喋るというか、素っ頓狂に甲高い声で笑うと思うのよね。
ま、所ジョージ吹き替えのアレフ(←NHK海外ドラマ)や、なべおさみの吹き替えたスヌーピー(←これもNHKでかつて放映されていた)のチャーリーブラウンより100倍マシな気がしますが。
あと、色のトーンも全体的に優しすぎたかな(今のアニメの流行なのか?)

アニメ化に10年もかっかった大作だけに「商業的においしいからアニメ化、ドラマ化しよう!」という安易さが無く、「好きだから試行錯誤で映像化してみました」という感じで良かったと思うのでした。
しかしながら漫画でも小説でもアニメ化・ドラマ化自体が最終目標ではなくて、オリジナル作品を読んで想像世界を広げるという素晴らしさがもっと浸透すれば良いのにね…とも思いますね。原作って言葉が良くない、別物なんですものね。別物と考えれば楽しい秀作でしたよ。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-13 19:40 | 映画・テレビ・ゲーム

気が付いたら日付的には3日ですね…
出遅れましたが皆様、明けましておめでとうございます☆
なんだか取り留めのないカテゴライズしにくいblogでありますが、本年も宜しくお願いします。

昨年末はゴタゴタ忙しくしておりましたので、新年はダラダラと…
c0047024_2103130.jpg

実にこんな感じの正月を過ごしております…
そして…おそらく戦後最大の正月太りです…
c0047024_2103236.jpg

なにはともあれ、今年もゆるゆると進めて参りたいと思います。
とりあえず最も身近の今月の目標はサイトの更新なんで…楽しみにお待ち下さい。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-03 02:10 | 猫狂部屋