<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

片思い☆

雨が続くと時折、屋根裏で繰り広げられる運動会。
ネズミ?と思って、ドタドタと音がするたびに長いモノサシで音のした箇所の天井板をボコボコと突っついていたら静かになった。
そして翌朝。
ポストを覗きに出た旦那が玄関から何やら慌てて呼ぶので飛んでいくと、
猫の親子が隣家との隙間から這い出してきたのでした。
呼びかけてみるも、生粋の野良猫らしくそう易々とは触らせてくれません…おっかなビックリの仔猫が興味津々と我々に近づいては、こっちが一歩でもにじりよるとバンビのようにピョンピョンピョンと後ろ飛び(器用だぁ)。母猫が心配そうにこちらを伺っているし、我々も寝間着姿であったので渋々撤退。
ちぇっ…と、思いつつ、昨夜は雨をしのぎに何処からか屋根裏に入ったのだな…と気づいて申し訳ない気持ちになる。

それから数日後、ひとり自転車で買い物から帰る途中、近所の駐車スペースに何やら見慣れたバンビジャンプの影。
自転車を止めて近づくと、おりました、おりました…
c0047024_1305612.jpg

パステルチャトラン♪
そして、サバトランも2匹ほど、車の下から出たり入ったり…ムヒョー♪
その重力を感じさせない軽やかなステップ…わ、私を誘っているのか?
しかし、追えば逃げる、引けば近寄る…の一進一退を繰り返すばかり…
このままでは危険だ(私のハートが)応援を頼まなくては!!
一度、急いで家に帰ると旦那を呼びに行き、再度、ニャンコとの交信を試みるが、一進一退を続けるうちに蚊に数カ所食われ、またも撤退を余儀なくされる…

あーパステルチャトラン…

そして本日も、買い物帰りに何気なく(否、意図的に)「痛快!ウキウキ通り(個人的に)」を自転車で通りかかると、なんとさらに手前の駐車場にも違うニャンコファミリーがゴロゴロとおるではないか!!
うわーん、どうしてくれるんだ、私をどうしようっていうんだ?何かの陰謀か?しかし、やはりこちらも生粋の野良ちゃんらしく、あまり友好的ではない様子。ま、またお会いしましょう…と、その場を後にして、昨日の駐車スペースに差し掛かると、おりました、おりました…
しかも、一匹、純チャトランが増えています。4匹の子ニャンコ!!!!うひゃー。
慌てて旦那を呼びに行って、またも友好を深めようとするも、ピョンピョンと一進一退。そして今日は奥の車から母ニャンコの光る目と唸る声が…
近所の目もあるし、無責任に餌やりは出来ないので今日も大人しく撤退してきました。とりあえず、車に気を付けて強く生きるんだよ〜。

知り合ってしまったが故、彼女らファミリーが気に掛かるが、
猫の幸せってなんだろう?自由に生きること?それとも暖かい家庭に迎えられること?我が家のミー姫のように人慣れしていて、自らが拾い主を捜していた場合なら家猫にするのがベストだけど、人慣れしていない場合は…どうなんだろう?ゴミを漁っている様子もあまり見られないし、何を食べ、どこに寝ているのか?
願わくば、このあたりで誰に危害を与えられることなく猫生を謳歌して欲しい…が、そうもいかないんだろうな…この辺りの野良ニャンコはいつも突然現れ、そして消えていく…いい飼い主が見つかってればいいんだけど。

そんな彼女らファミリーに思いを馳せながら、みーちゃんの腹にモフる。
この頃、風呂上がりも出待ち、そして、今も目の前でダレるふりしながら見張っている…女の勘は鋭い。

浮気は許しまへんえ〜!
c0047024_1305760.jpg

みーちゃんビーム。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-08-30 01:30 | 猫狂部屋

お誕生日コンプレックス

25日と言えば給料日!
実家が自営業の場合は支払日…
そんなわけで25日生まれの私は子供の頃からお誕生日をその日に祝ってもらえることがほとんどなかった。
(ごくたまに25日が日曜で給料日の方がズレるとどんなに嬉しかったことか)
前日にズレても支払い前日は忙しく共働きの両親の帰りは遅い。
当日は支払いの後の飲み会(職人達に労いの酒と料理を振る舞う)でグデングデンになった父を抱えるように母が帰ってくる…忙しさの中で流れるように行われる誕生日…苦い思い出。

そして、もうひとつの受難は8月という月。
友人に何気なく「誕生日アピール」されてプレゼントをあげても、自分の時は8月は夏休みであるため忘れられやすいという罠…とにかく誕生日に飢えていた…
新学期に忘れずに誕生日プレゼントをくれる子がいると「おお、心の友よ〜!」なんてジャイアンみたいに泣きながら抱きつきたくなるほどだった。

そんなこんなが重なり、恐くてなかなか自分から「誕生日」をアピール出来ない…けれど、本当は誕生日に祝ってもらうことを心から渇望する…という「誕生日コンプレックス」となってしまったのだ。なので、ちゃんと誕生日に「おめでとう」と言われるとそれだけで泣きたくなるほど嬉しい♪今日はいろんな方から誕生日メールを頂いた(ありがとう☆)。子供の頃より誕生日がグンと好きになった。

そして、さらに朝一番の便で7月にお世話になったギャラリーN町のIさんから、それは思い掛けないお誕生日プレゼントが送られてきたのだった!開けてビックリ。
c0047024_0391223.jpg

たらキューオルゴール♪わーい。
他、かわいい雑貨たちと、みーちゃんへのプレゼントまで!
c0047024_0391389.jpg

この目の輝きったら、猫、もう夢中!
c0047024_0391320.jpg

なんとも嬉しいサプライズ!

そして、なにより結婚したら「もう、誕生日も恐くない!」と思っていたのだ!
…が、今日一日、とことんツいていなかった…
ランチを食べる予定にしていた古びた料亭がなんとコインパーキングになっていたり…
代わりに入った店は…食器洗い機でアツアツになった湯飲みに自分でポットから麦茶をつぐ…という…メロンに生ハムのような…シャンパンで乾杯するような素敵なお誕生日♪の雰囲気もなく…大好きなケーキ屋さんでホールケーキを買おう!と思えば売り切れ…で、ショートケーキに化けてしまった…用事のあった電気屋ではハズレの店員にひっかかり…イライラの絶頂…
そんな些細なことが重なり、夫婦喧嘩へ発展…(無事に仲直りしましたが)
誕生日への異常な執念が…「完璧な誕生日」の妄想が自分の首を絞めるという…反省しています。…ああ、いい加減に大人になりたいものです。


そしてこれ↓必要に迫られて、ついに買ってしまいましたよ!
c0047024_0391327.jpg

噂の一眼レフデジカメ「SONYα100」
(もちろん誕生日プレゼントではない…独身時代の貯金が役に立ちました…涙)
9/1にはニコン、9/8にはキャノンも同レベルの新機種投入!っていう時期で迷いに迷ったのですが、旦那所有のミノルタ時代のαのレンズを有効利用出来るのが決め手となりました。さてさて、無事に使いこなすことが出来るでしょうか…ふふふ。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-08-26 00:39 | 日々の泡

鈴虫宅急便

〜前回までのあらすじ〜
7月の谷中の個展の時にBGM用のCDを忘れてきた私達夫婦(コンビ名The☆はなぼんちん)は高速のサービスエリアの店内で涼しげな音色を耳にする。音を辿ると一角に小さな虫籠がいくらか積んであるのを発見する。なんと鈴虫が売られていたのだ。その音にすっかり魅了された妻(メガネをかけてない方)は、旦那(少し天然パーマの方)を説得してBGM用に購入するも、朝晩は良く鳴く(羽をこする)が個展開催時間中は一切鳴かない…という、実に冷たい仕打ちを受ける…そんな思い出を胸に帰宅後、彼ら(オス3匹メス2匹)との暮らしが始まる。

とりあえず前置きを「あらすじ風」にまとめてみました。

まさかこんなに大人になってから昆虫を飼おう!だなんて…彼らの腹や足を見る度にイケナイと思いつつもゴキ…を連想しちゃって、ちょっと無謀だったかなぁ〜とも思ったのですが、暮らしてみるとなかなか楽しい奴らなのです。
若干の気持ち悪さを抑えて、よ〜く観察すると、女の子は熱心に触角や後ろ足に至るまで猫のように丁寧にグルーミングを欠かさないし、男子は女の子に好かれるべく愛の羽音を奮わせるし、餌のキュウリを入れるとレディーファーストで順序よく仲良く食べるし…なんとも小さくて幸福な世界を展開しているのでした…

が、そんな幸せも束の間、ある日、籠を覗くと一匹足りない!!
もう一度よ〜く籠を舐めるように覗くと、足と羽と思わせる残骸が土から覗いているのでした…当初から一番ヨボヨボしていたオスの死亡を確認。その後も長雨のカビなどにより一匹、一匹と姿を消していき…(ホラーテイスト)。そして、その亡骸を一匹のメスが養分に変えていくのでした…ギャー。
…昆虫界って無駄がないのね(汗)。

広めのガラスケースに移し、鈴虫用の養土や用具を揃えて待遇も改善!したにもかかわらず、上手く育てれば来年も…という淡い夢も破れ、気が付くと籠には一匹の女王様(実写版ムシキング?)が…もちろん音色も何も…もはや何を飼っているのか怪しくなってきたので「このままでは寂しすぎる!」と旦那が鈴虫を売っているお店をネットで検索してみたら…あったのです!!

「鈴虫の宅急便(ゆうパック)」
c0047024_1214642.jpg

基本はオス3匹メス3匹で1800円くらいだったかな?
それに、女王様(改めムシキング)の分のオスも一匹足して…締めて送料込みで2000円也。
オーダーして2週間ほどで長野県の信州安曇野松川村(村おこしこぶし会)から本日到着。
長旅もなんのその、元気いっぱい羽を奮わせております!
c0047024_1214699.jpg

が、しかし…それを待たずして、2日前に女王様死去…あああ!
鈴虫第一団は1ヶ月と1週間で全滅してしまいましたが…第2団は無事に秋の繁殖期に子孫を残すことができるのか…??
…もう、ムシキング決定戦だけは見たくないぞ…。

そんなこんなで、先日の夕飯。
c0047024_1214650.jpg

ゴーヤーチャンプルーと、枝豆と、野沢菜漬け…
テーブルに並べたらあまりにも緑一色なのに気づいて笑えた。昆虫?

お行儀の悪い娘。
c0047024_121468.jpg

前から留守中は怪しいと思っていたのだけど、やはり…
[PR]
by tosakanekosha | 2006-08-18 01:21 | 日々の泡

ゲームの遊び方

世間はお盆休みに入ろうというのに、その手の祝日とは全然縁のない私ら夫婦…
夏休みは近所のスーパーでさえ混んでいるのでゲンナリ。
外は猛暑もしくは雷雨…となると、つい適度にエアコンの効いたアトリエに籠もりがちな文化系体質。アトリエで煮詰まると、ゲーム(PS2)の中の架空の都市を歩いたりして似非観光してます…(不健康)。

今、楽しんでいるのが以前このblogでも紹介した「絶体絶命都市」の2作目
「絶体絶命都市2〜凍てついた記憶たち」
前作は新聞記者の新人の主人公が、大地震で崩れていく都市島(臨海副都心のような所)から、途中で出逢う可愛い女子と助け合いながら追っ手から逃げたり事件を解明したり…と、大地震からいかに生き延び、女の子のハートを鷲掴むか?だったのに対して、2作目はクリスマスの夜に大水害で沈む近未来都市からの脱出。
登場人物も多く、高層ビルからの脱出もあれば、誤認逮捕からの脱獄や、タクシーで事件を追ったり、学校からの避難、巨悪との戦い…など5パートに別れていて、それぞれの視点(証言)から一つのストーリー(黒幕?)が浮かび上がってくるように出来ていて、いろんな立場からの脱出劇はなかなか困難でよろしかったです(楽しいと書くと罰当たりなので…)。
取り扱うテーマが「災害からの避難・救出」なので、凍えた体を暖めたり、貴重な食料を分け合ったり…と、全体的にシリアスムードなのですが、意外とシュールな会話やゲーム内容に関係ないアイテムが多数あって違った「遊び」も隠されているので制作サイドのセンスの良さを感じます。

…と、いうわけでオススメコーディネイトを紹介!
(著作権的にどうかな〜?怒られたら削除しますけど…)

高層ビルから一緒に脱出することになったバイト先の同僚のお嬢様。
c0047024_1242027.jpg

最初はウェイトレスユニフォームだたのに、拾ったアイテムで着せ替えるうちに…
ネコ耳サンタガールに…えへへ。感動の再会も萌えコスプレで!

2話目の脱獄中に出逢う気弱な男性。
c0047024_1242157.jpg

野球帽にパーティ用鼻眼鏡…キツネ目のアイツを意識したファッションで…

生意気な女性記者には…
c0047024_1242125.jpg

「ゴミ袋で出来た雨合羽」を着せてやりましたよ。ジャージも着せたかったなぁ…

他にも、被災者に親切にしたらお礼に何故かコックさんの帽子を貰ったので
c0047024_1242135.jpg

同行者に被せてあげました…

んー、このゲームの楽しさが上手く伝えきれない…
現在、全クリアしたので2周目やってます。
1周目で起こし忘れたイベントや拾い忘れたアイテムを回収中!…いい大人が…二人して。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-08-13 01:24 | 映画・テレビ・ゲーム

即席カツラ!

今日は夕飯まで半日ほど自由になる時間がとれたので独り黙々と顔面をあれやこれやといじってました…もちろん人形のです。
今度は男の子にしようかなぁ〜と曖昧気味に始めたのですが、作っていくうちに意識下に沸いてくる男の子のイメージが形となってきました。
まだ第二次成長期が始まる前の未分類な感じの男の子でしょうか…だから胸もぺったんこ。
c0047024_1552328.jpg

今なら女の子に転びそうな…でも上唇の若干の薄さや頬の張り具合など少年が入ってきてるようです…おそらく。
c0047024_1552321.jpg

髪の色はどうしよう…髪型は…なんて考えて色画用紙をあてがってみたけどイマイチわかりにくかったのでチョキチョキ鋏を入れて即席でカツラを作ってみた…
c0047024_1552340.jpg

なんか髪型だけアニメみたいになってしもうた…が、なんか楽しい!
こういう工作大好きなんですよね〜やり始めると燃えます。
襟足なんかもしっかり立体的に張り合わせましたよ。
c0047024_1552359.jpg

そうそう、こんな感じに髪の毛を貼っていけたらいいなぁ〜ポワ〜ン…☆
と、鍵っ子時代の独り遊びのように夢想に耽って貴重な時間を潰す…(アホな大人)。
そして、夜、帰ってきて自信満々に旦那に見せると…なんと大爆笑!
ウケを狙ったわけじゃなかったのですけど…そうか、面白いですか…まぁ、冷静になってみると確かに「変なヅラ」である。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-08-05 01:55 | 人形制作雑記

吾輩も主婦である…??

ここ数日、この秋にリニューアル刊行される某人形専門誌の為に原稿を執筆しておりました。このところの人形ブームの功罪についておもいっきし毒を奮ったので没るかもしれませんが…無事に掲載が決まりましたら告知します…アーメン。

この夏もアトリエ詰め…
昨日、今日と涼しくてクーラーいらずなのは助かる。
うちのミー様がどんなに暑くてもクーラーの部屋を嫌うので、暑い日は隣の部屋でダラリ〜ンと伸びているんだけど、今日みたいにクーラーを入れていない日はアトリエをウロウロしては遊びをせがんだり、隙あらば旦那の椅子で寝ようと、お尻が浮く瞬間を狙ってたり…大忙し。
夜になって、ビーズクッションを独りでモミモミして埋もれていきました。
c0047024_1263149.jpg

こういう大福があったら食べたい。三毛猫大福。
c0047024_1263143.jpg

ウインクまでして、サービス満点ですな。
自分が「カワイイ」ということを自覚しているところがニクイ。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-08-02 01:26 | 猫狂部屋