<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

女の一生って…

頂き物の名古屋パルコにあるセンチュリーシネマの入場券があったので、ちょうど上映が始まった「嫌われ松子の一生」を見に行ってきました。
邦画のミュージカルっていうんで、ちょっと不安が過ぎったのですが、いや〜面白かった!やはり中谷美紀は「怪女優」ですね。「電車男」でエルメスを演じていたナカタニより100倍いや1000倍は輝いてました。ま、眩しい…(「ベルリン」のナカタニも好きだけど)。
ミュージカル映画「シカゴ」とビョークの「ダンサーインザダーク」のちょうど中間くらいの「幸薄女ミュージカル3部作」って感じでDVDのBOXセットにしてほしいものです。前作「下妻物語」に続いて目が痛くなるくらいキラキラと彩色も鮮やかで、アニメーションに人間が入ってる?くらいのCG加工もとても楽しい…邦画には珍しいエンターティンメント溢れる作品です。松尾スズキの「恋の門」と並ぶくらい壮絶でオススメしたいですね〜。絶妙なギャグセンスも光ります。

ざっと物語のあらすじ〜
惨殺死体で発見された伯母さん(松子)の遺品を片づけることなった甥の青年が、松子にまつわる人物に巻き込まれるうちに点と点だった「松子」というひとりの女の人生の物語を追体験していく…平凡な学校の女教師だった「はず」の松子の実に見事な転落人生「駄メンズウォーカー武勇伝」DV男に、愛人生活に、トルコ嬢…殺人、逃亡、服役、極道の女…という壮絶な転落人生。はてさて「松子」を死に追いやったものはとは一体なんだったのか??

あらすじだけ書くと、もう、ドロドロでヘヴィーな「ルックルックこんにちは」だったら「女の喉自慢」チャンピオン大会Aコース確実って感じですが、なぜかそういう悲壮感ゼロ。なんなんだろう?この楽しさは、ドロドロ人生なのに!!!
まるで岡崎京子のマンガの主人公みたいに愛には非常に貪欲で激情型なのに目の前の不幸には「あっけらかーん」と楽観的で…「美人だけどちょっとおバカさん」というところが愛しくさえ思えてきてしまう…そこが恐い。最近、ワイドショーを騒がす「悪女」な事件が続いてますが、きっとこんな風な「行き当たりばったり人生」だったんでしょうね〜人生はショータイムなんかじゃないんだけどね…でも、映画の中だけはこんな感じのエンターティンメントな壮絶人生があってもいいかもしれない…ね。

共演者も友情出演も小洒落ててゴージャス。あんなとこにあんなヒトが…なんて探すのも楽しいです。

しかーし

この映画でひとつだけ残念だったことが…
それは病弱な妹役が「まるで病弱に見えない市川実可子」だったということ…惜しいなぁ…。


モテモテ木村カエル。
c0047024_0345173.jpg

昔はこんな風に「モテモテになってみたい」と思っていたけど、ひとりに一生モテ続けることの方が難しくて素晴らしいということに近年になって気づいた…
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-30 00:34 | 映画・テレビ・ゲーム

髪型の行方…

地方に嫁いで2年…地方格差(差別?)を肌身で感じる今日この頃。
面白いイベントはみんな東京だし。
単館ロードショーの洒落た映画は上映が回ってこないし(大型シネコンしかない…)。
そして、なぜ半裸で「ハニーフラッシュ!」が売れるのか、「愛のために我が侭に…(以下略…しかも選曲古)」の方々とか、「青春アミーゴ」している方々が売れるのか…そういうカラクリが解ってしまった…少し大人になった自分。
って、いうか…CDショップに行けばそういう類のCDしか面陳(面だし陳列の略)されてないし…本屋に行けば、ベストセラーとマンガ(ジャンプコミックス系か講談社ね)とファッション誌(ギャルかミセスか…あと何故かゴスロリ系)がほとんどだし…名古屋にまで出ないとまともな本やCDが買えないなんて…買えないなんて…

そんなこんなで、かなりへこたれているワテクシですが…
一番難儀していた「人形の材料」がネットのオーダーで各種取りそろえられるいい時代になりました。そいでもって早速、初めて人形用のカツラ(しかも人毛!)をオーダー!イエーイ。

髪型もいろいろ悩んだ挙げ句…「三毛少女にしよう!」と思い立ち赤毛をチョイス。
サイズはピッタシ。しかし…少し赤過ぎたような…パーマあてすぎなような…占い師みたい。
c0047024_2295817.jpg

猫の耳に見立てて黒いリボンを飾りたいのですが…
うーん、なんかやってみるとゴシックな感じ…根が耽美なのだろうか…(ウソつけ!)。
c0047024_2295822.jpg

三毛少女なら、洋服も黒かなぁ…昔の端切れのレースをあててみる…
うーん、ますますゴスロリ系に近づいてしまう…
えーい、こうなったらヤケクソだぁ、レースにリボンの世界???
c0047024_2295861.jpg

うーん、なんか目指しているものと遠くなってきてしまった。
「みーちゃん(愛猫)を女の子にしたら…こんな感じ♪」っていうのを目指してたんですけどね。
この「カーリースー」みたいな髪型、旦那ウケは良いのですが…どうなんでしょ?
肌色を入れて、メイクも施したら、またイメージが変わるかも??…ううむ。

そして、次の人形の図面も書き始め。
今度は同じ図面で性別判断が付きにくい年頃の男子と女子を2人作りたいのです。
c0047024_2295863.jpg

消しゴムや鉛筆をあちこちに蹴散らしてくれる「みー監督」のスパルタ教育に耐えつつ…
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-28 02:29 | 人形制作雑記

主婦天国

このところ、「いいとも」のタモリのご機嫌度合いを観察しつつ…12:45にNHKに切り替えて→朝の連続ドラマ小説「純情きらり」の昼の再放送を見ながら毎日のように可愛い宮崎あおいちゃんを拝めることにウハウハしながらモテモテヒロイン桜子の恋模様にドギマギして(ウハウハとかドギマギって…どうなのよ)昼時は気が抜けないのですが…
さらに昨日からクドカン脚本の昼ドラ「我が輩は主婦である」が始まってしまったので、さぁ大変!もう、すっかり主婦道一直線です…きゃーきゃー。

クドカンのドラマ…もう、ぶっ飛んでます。
斉藤由貴&ミッチーという配役のアツアツ夫婦。幸せいっぱーいの生活のはずが…ある日、夢を追うためにダーリンが会社を辞職…家計簿と睨めっこする平凡な主婦に千円札の中から夏目漱石が憑依した!!!
…あらすじを書いてみると「なんのこっちゃ??」っていう設定なのですが、ドタバタで無茶苦茶で…急にミュージカル調になったり…と盛りだくさんな30分。天丼とカツ丼を一遍に食べるような贅沢具合ですな。
とにかく台詞の掛け合いが面白いんです。昔のコメディータッチのドラマに良く出ていた頃のアイドル時代の斉藤由貴を彷彿とさせる「目を真ん丸く見開いた慌てっぷり」とミッチーのオーバーアクションの素晴らしいコンビネーション。姑との駆け引きもなかなか。さらに脇役の川平J…コテコテです。
しかし、最初の2回見ただけで、このてんこ盛り…いつまで連いて行けるか?最終回まで見届けられるのか…??つかの間の主婦天国(あ、もちろん旦那もアトリエから一緒に見てますけどね)。

そんなこんなですっかり主婦めいているワタクシめですが、さらに先日、ちょうどチャンネルを換えていたらやっていたらNHK「おしゃれ工房」の中で紹介していた「手作りコサージュ」をうろ覚えで作ってみました…ほほほ。
ピンキング鋏で円形に切った布を重ねて花びらに見立て、中央にビーズなどをあしらっただけなのに、なかなか良い感じ♪
…調子にのって昨日から4つも作ってしまいました。
c0047024_1133533.jpg

裁縫グッズを引っ張り出すと、買い貯めて使い倦ねている端切れやリボンやビーズが続々出てきたので、思い切ってそれらもコサージュに。
シフォンのリボンとレースを組み合わせて牡丹風に手繰って作った自己流コサージュ。
真ん中には、これまた買い貯めたまんまのスワロフスキーのビーズやガラスビーズなどを縫い止める。チラリと見えるくらいなんだけどね…プチ贅沢。
c0047024_1133555.jpg

こんなにいっぱい作ってどうするのかといえば…着物の時の髪留めに致します。
c0047024_1133599.jpg

こんな風に100円ショップで買ってきたバレッタに通せるようにします。
そしてポニーテールをグルグル巻きにして挟むだけで…あ〜ら不思議「着物風まとめ髪」の出来上がり…なんです。お試しアレ。
c0047024_1133585.jpg

ピン留めやかんざしも。

あーしばらくはまりそうです。ポンポン出来るものは楽しいな☆
実は人形のヤスリ掛けからの逃避だったり…あと膝下だけなんだけど…はふぅ。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-24 01:13 | アンティーク着物

モテ髪?

旦那がアトリエ詰めなので、私もせっせと人形に下地塗り。
ぶらーん、ぶらーん、ぶらーん…
c0047024_1452056.jpg

そして苦手なヤスリ掛けに入りました。
球体関節ニャンコは筆跡も「毛並み」として生かすことができたのだけど、人形の場合は「毛深い少女」ってわけにもいかないのでシャコシャコとヤスってます…
c0047024_1452082.jpg

ちょっとエッチなアングル…?
まだまだ背中と手足がバッチリ残ってます。ふぅ…ここで何度挫折しそうになったことか…「やる気」を奮い立たせるために、まず先に顔を仕上げましょ。
c0047024_1452042.jpg

顔が出来てくると人形が自己主張を始めるので人形の顔と相談しつつ髪型などを考える…なにやら黒髪のセンターパーツか赤毛おかっぱなどが似合いそうな感じです。
とりあえす伸び放題の自毛を前に垂らして人形のカツラ代わりにしてみる…
c0047024_1452013.jpg

ちょっとボサボサで恐いけど(唇が白いし)…大体の雰囲気は掴めました。いっそのこと、この毛を切ってカツラに…この毛を!!!と、目をギラつかせていると、旦那に止められる…いつか本当にやってしまいそうです…あぶないあぶない。
しかたないので…三毛猫アフロ。
c0047024_1452027.jpg

Oh!ファンキー☆
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-19 01:45 | 人形制作雑記

あたらしい帯留

7月の谷中個展に向けて爆走中の旦那様ですが、ここ数日は妖しい作品を作ってはニヤニヤとしております…造形が出来上がると、そっと手に握らせてくれるので掌を開いて覗くと…「!!!」…そこには、また奇妙な生き物が…カタツムリ少年とでもいいましょうか??
下絵入れて、焼いて、上絵入れて、焼いて、渋漬けして、さらに磨いて…そして完成品がこちら↓
c0047024_135776.jpg

少年がカタツムリの殻に住んでいるのか?それとも、背中に殻が生えてきて、いつのまにか吸い込まれていったのか??なんとも不思議と愛らしい生き物です。
c0047024_135743.jpg

そして、この画像からは伝わりにくいですけど、この首がグリグリと動かせるのですよ!!うひゃ〜!!なんと「仕掛け帯留」なんですよ。
他にも妖しい仕掛け根付や、春画風エロ根付なんてのも次々完成!それが、またいちいち面白い!ほんと「いい仕事」してます。

そして、久々に新作帯留を頂戴しました。
早速、先日購入した夏着物と合わせて試着です。
c0047024_135755.jpg

蜘蛛の巣柄の夏帯にカタツムリ少年が…
c0047024_135763.jpg

きゃーたすけて〜!!

実物は個展でのお楽しみ☆
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-17 01:35 | アンティーク着物

着物に呼ばれる。

ミニミーは一段落ついたので、久々に着物のお話でも…

先日、またも骨董祭に行ってきました。
春夏の明るい色目の着物を探していたところ、入ってすぐのブースで白地にモザイク調の桃色の薔薇らしき花模様の紬を発見。状態もかなりよく、お値段もまぁまぁ。しかし、早々に決めてしまうのももったいないので一周して縁があれば残っているでしょう…と一端お別れして、吊しの2000円均一コーナーを見ていると…
おお、これは!!
黒地に白い花…赤と白と黒の市松模様…すごく好み。
c0047024_0264479.jpg

しつけ糸付きってことはデッドストック系ってやつですか?それでいて破格の2000円!とにかくこれは買いでしょう。とにかく一応会場を一周してから戻ってみると、さっきの着物も無事みたい…2枚羽織らせてもらう。
まずは白地の紬…お店のオバサン1号は絶賛するも自分としてはピンとこない…旦那ウケもイマイチ。8000円に負けてあげると言われるも…悩む。
そして黒地の着物…これが、まぁしっくりくること。奥からオバサン2号が出てきて「こっちの方が断然似合う!」と言う。やはり、そうですか…
どんなに淡い可愛い着物を着てみたくとも…私のキツイ顔立ちに似合うのはハッキリした色柄なんだよね…ああ。
1号が「2枚買っても1万円だし…」と言っているのがなんだか遠く聞こえる…しかし、名残惜しいが似合わないものは仕方ないので諦め黒地のみ購入。

それにしても黒地の着物…なんか見覚えある柄だな〜と帰り道にボンヤリ考えていると、うちにも似たのがあるじゃないの!帰宅後、すぐにタンスから引っ張り出して並べてみる…左が以前から愛用している着物。右が今回発見した着物。
c0047024_0264556.jpg

え?なにこれ?姉妹なのか?
柄の大きさと色の配分やらが違うけど、ほぼ同じ丈、裏地も同じ桃色。同じところが仕立てたような感じ。
そして、この1枚目の着物も買った時はしつけ糸付きのデッドストック系。
なんだろう??たぶん、そんなに古い着物じゃない気がするんだけど…この当時、この色柄が流行って大量生産されたのかしら?なんだろう??なんだろう???
…姉妹着物の謎は深まるばかりである。
ま、着てみた感じは市松メインと黒メインになるので似て異なるものなんだけど。
c0047024_0264551.jpg

前に買ったヘビ革風名古屋帯と合わせても楽しそう♪
(秋冬まで出番は無いんだけどね…ガックシ)

そして、また10日もちないうちに、たまに出掛けるアンティーク喫茶にて運命の出会いを果たす…
c0047024_0264530.jpg

ナデシコと牡丹と萩の涼しげな夏着物!!一目惚れ!!丈もピッタシ。
それはそれは、私を迎え入れるように両腕を伸ばして(ただ着物ハンガーに掛かっていただけ…)待っていたのです。

着物に呼ばれたんだわ…きっと(妄想)。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-12 00:26 | アンティーク着物

そんなわけで無事に完成しましたよ〜。
c0047024_241968.jpg

体の構造を考えると香箱の時の猫のシッポはこんな風に立っていたりしないんだけど、デザイン的なバランスを考えるとこの方が可愛いので仕方あるまい…
球体関節であることを強調するため球体はあえて白色にした。
球体関節人形を作るとき、「球体を強調する派」と「自然に馴染ませる派」がいるのだけど、私はどっちかというと前者である。
…球体を持つことによって発生する「エロス」…このことについて書くと長くなりそうなのでそれは次の機会に残しておくことにして、猫の球体にはエロスは…??どうなんだろう??とりあえず可動することによって特有な存在感は発生するようだけど…
c0047024_241966.jpg

後ろ姿はこんな感じ。シッポは横ふり可能。
c0047024_241930.jpg

こんな目線に雰囲気がでるようだ。
c0047024_241983.jpg

並べてみたりして…

さ、さぁ!明日からは人形に戻るわよぅ!!ムフゥ〜(鼻息)。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-10 02:04 | 人形制作雑記

残すはシッポのみ…

今日は独りお留守番ってことで、ビッチリと毛並みを書き込んでやりましたよ〜。
こういうこと始めると熱中しちゃうので、気が付いたら休憩もせずに3時間くらい経っていて驚きました…奥歯が痛い…
c0047024_105662.jpg

さらにアップも。
c0047024_105652.jpg

三毛猫って、トラ猫のようにちゃんと秩序がない模様なのでちょっと誤魔化しもきくけど、みーちゃんの場合、茶トラとキジトラのミックスの部分と黒と茶の部分も点在している複雑な三毛なので塗りながらモデルにしたことを後悔する…うう。
色の再現にも限界が…なんか納得しきれない部分もあるんだけど、それらしく仕上がったところで本日は終了。後はシッポを残すのみだぁぁぁ!

c0047024_105671.jpg

ミニーミー「奥さ〜ん、いいじゃないですか」
ミー「い、いけないわ!私にはご主人様というお方が…あん☆」

こういう遊びをしては猫パンチを食らいます…おイタはだめよ!
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-09 01:00 | 人形制作雑記

ミニーミー現る。

GWの内訳…
私→原因不明の発熱…
みーちゃん→原因不明の嘔吐…
旦那→胃腸風邪でダウン…
といった具合にそれぞれ順番に体調を崩しつつも、果敢に潮干狩りと骨董市に立ち向かい、FF12のラスボス退治して終わりました…うーん、地味だぁ。そして後は7月の東京・谷中個展に向けて旦那はアトリエ詰め…
そんなわけで、私の球体関節ニャンコも絵付けに入りました。

刷毛の筆後を残すようにペタペタと下地塗り。
さらに鼻と耳のピンクが透けるように重ね塗りして隈取りを入れてみたところ。
c0047024_2937100.jpg

ちょっと凛々しくなりましたかね?
そして、いっきに三毛の下地塗り!(とりあえず顔だけ…)
c0047024_293812.jpg

モデルと比べてみます…うーん、まだまだですなぁ〜。
やはり、毛並みを書き入れて立体感を出したいところです。
頭部だけ近づけると、みーちゃんに何度も猫パンチを食らいます…ライバル出現か??とりあえず未彩色のボディーに乗せてご挨拶。
並べてみると、ずいぶんと小さい…ミニーミー(オースティンパワーズより拝借)?
c0047024_293874.jpg

ミー「おい、真似すんじゃネーよ、このー!」
ミニーミー「やるかコノヤロー!」
みーちゃんのパンチ&頭突きで頭が転げたりしましたがミニーミーも怯みません!頑と香箱で座り込みを続けていると…みーちゃんが次第に歩み寄り背中越しに横になり…
c0047024_293889.jpg

ミー「おまえもなかなかやるな…」
ミニーミー「おまえもな…」
ハハハハハハ…と青空を見上げながら芝生の上に寝ころぶ二人…当にそんな感じで落ち着きました。

さてさて、明日こそ無事に完成するでしょうか…??
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-08 02:09 | 人形制作雑記

木村カエル

こんにちは、木村カエルです…
c0047024_1395870.jpg

蛙(まんじゅう)水滴くん。
旦那の作品は一点一点が「手捻り」なので、どの子も一見同じように見えて微妙に繊細な表情を持っていて個性的でカワイイ。いろいろと見比べていたら、この子だけ、なんだか木村カエラ(特にカエラファンじゃないんですけどね)に似ていることから、個人的に「木村カエル」と名付けて喜んでいろんな人に見せていたら次第に愛着が沸いてきてしまった。
何匹かいた蛙水滴の中でこの子だけ里子に旅立つ気配がなかったので展示期間中にヒマを見ては掌に載せて愛でていたのだけど、思い切って旦那に「今度の個展で旅立たなかったら殿堂入り(お蔵入り)させていい?」と異例の申し出をしたら、私の念力(愛情?)が強すぎたのか旅立つことなく…今、私の手の中にいる。
この大きさと丸みがちょうど手に馴染んで、乗せたときの重みとヒンヤリとした感触が気持ちよく…変な安堵感をもたらす。
c0047024_1395832.jpg

口の開き具合とか、目のトロ〜ンとした感じとか…私の中ではベストの形だったみたい。それぞれの蛙水滴君がそれぞれの人の愛眼に適って旅立って、今、ベストの位置に納まっている…それを思うとなんだか幸せな気分になる。
[PR]
by tosakanekosha | 2006-05-01 01:39 | コレクション