<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

年賀状を書きながらピコピコ…
みーちゃんを弄りながらピコピコ…PSPやってます…。
いい大人が二人してゲームの順番待ち。
昨日ここにも書いたバイトヘル2000なんですが、もう、ほんと面白い。
ミニゲーム(バイト)をして小銭を稼いで貯めたお金でガチャガチャをする…なんとも不毛なゲームなんですけどね。そのバイトというのが薪割りだとか、ヒヨコ雄雌鑑定だとか、ゴルフボール拾いとか…ボールペン工場とか…単純作業的ゲームが盛りだくさん。
これが単純なのにグラフィックも綺麗で効果音のセンスが素晴らしく気持ちよいのです。
(ちなみにゲームデザインはタナカカツキ)
あー、この感動を上手く文字に出来ないのがもどかしい…とにかくなんともバカらしく愛しいゲームなのです。
その中に対戦型や協力型ゲームがあるので、是非どなたかPSPとバイトヘルを買って、私ら夫婦と遊んでやってくださ〜い!!塊魂でもいいでーす!!

みーちゃんのゲロゲロもだいぶ回復して参りました。
いろいろご心配頂きましてありがとうございました。
c0047024_116549.jpg

旦那の膝に甘えまくりの図。
c0047024_116537.jpg

みーちゃん至福の時。

でも背中にはこんなイタズラが…
c0047024_116583.jpg

[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-29 01:16 | 猫狂部屋

みーちゃんの体調がイマイチ安定せす遠出が出来ない今日この頃なのですが…
(福井の越前カニパーティーのお誘いも前日にゲロられてキャンセル…ううう)
不安も抜けきらないものの、ギャラリー数寄の搬出の為、みーちゃんをモコモコハウスになんとか寝かしつけて小牧へ。
搬出の帰り、前々から気になっていた「キンブル」へ寄り道。
このキンブル、東海地方では「なんでも鑑定団」を見てると合間に入る「中古品なんでも買います!」のCMで有名なのですが、高速道路からも小牧ICあたりにCMと同じキャッチコピーがデカデカと掲げられた大きな看板があるのでとても気になります。
そんな未知なるキンブルへ足を踏み入れたわけなのですが…これが、なんかもうスゴイ!
規模の大きい骨董屋かと思っていたら、なんかちょっと違う…食品から衣類、雑貨、玩具…ありとあらゆるものが激安で所狭しと並んでおりました。面白い!
地元に「あるあるマーケット」なるリサイクルショップがあるのですが、それを10倍ぐらい大きくしたようなお店です(余計わかりにくい説明…)
バッタモンっぽいものや、B級品やら、メーカー在庫過多の流れモノっぽいや、倒産商店の在庫品みたいなものとか、見たことのないキャラクターの玩具とか…ここに来ると企画開発失敗商品などの類似点がなんとなくわかるような…そんな感じです。
そんな中でも色々拾いモノなんかもあったりして…
旦那は「王立科学博物館」という一個300円の食玩を10個入りで1箱310円という超最安値で2箱の大人買い。それと資料用ファイルなど文房具など。

そして、私はこんなもん見つけちゃいました…↓こ、これは今、話題の?
                                                  のま       
c0047024_144144.jpg

                                                         のま
c0047024_144172.jpg

                                                                イエイ♪
c0047024_144143.jpg

商品名は「白いサル」とか書いてあったけど…猿なんだコレ…ちなみに1セット52円也。

さらに…
c0047024_144174.jpg

これ、かなりギリギリな感じ…
クロ○ボというより虫歯菌のような…きっとそうに違いない。
南の島の虫歯菌くん…これも1セット52円也。
こんなのが山積みのコーナーがあったとですよ…自分の体より大きい変な色のブドウを引っ張る小人みたいな置物もありました…汗。

そんなこんなで変なモノ仕入れてウハウハと家路へ急ぐ。
みーちゃんがゲロを吐かず元気にお出迎えしてくれました。よかった。

その後のみーちゃん…ゴハンをサイエンスダイエットのメンテナンスから「センシティブストマック(胃腸に配慮した調合)」に変えたら元気にモリモリ食べております…これで安心かな??
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-24 01:04 | コレクション

ゲロリストとの攻防

一昨日の夜、ちょうど風呂上がりに脱衣場にいると2階からケロケロケロ…と奇妙な鳴き声が聞こえてくる…
最近、2月に発売になるPS2ホラーゲーム「サイレン2」に備えて前作「サイレン」を旦那がやっているのを観戦しているので古い日本家屋の暗闇が恐い…
う゛ー、と急いで体を拭いているとトストストス…と鈍い足音、そして涙を溢れさせたミーちゃんが登場。
あ゛ー!!もしや…と2階には点々々と…ゲロが…あ゛あ゛あ゛
こんな調子で一昨日、昨日と2夜連続でミーちゃんの原因不明の嘔吐が続いています…エロテロリストのインリン・オブ・ジョイトイならぬゲロテロリストのミーリン・オブ・ジョイトイの登場である…って笑い事じゃないんですけどね…(悲
テロ対策本部としてはキッチンペーパーで掴み取りビニール袋に回収あとは除菌ティッシュで仕上げるので早期発見であれば問題ないのですが(ドライフードしか食べてないので大した被害はない)。ミーちゃんの苦しそうな泣き顔(本当に涙流すのですよ)を見ていると私の方も泣きたくなってきてしまう…
昨日は朝から動物病院へ連行。
通常の吐き戻しとは違う様子を伝えると、胃炎ではないか?とのこと。
猫は元々あまり水分をとらないので吐き続けると簡単に脱水症状を起こしてしまうそうです(吐いた後にお腹の皮がつまめるくらいたるんでいる時は要注意)。なので生理食塩水の点滴をすることに…人間だと寝そべって5・6時間かけて打つ点滴を犬猫の場合は皮が厚いため、背中の肩胛骨あたりに一気に注入!
ラクダのようなコブつきニャンコになってビックリ(徐々に吸収されていくらしい…便利な体だ)。その他、お尻に注射、シロップ吐き止め薬を貰って帰宅。
バスケットから出すと嬉しそうに飛び出すミーちゃん。階段を登ると背中のコブから食塩水がピュッピュッ…うひぃぃぃホラーだわ。
点滴効果か束の間の元気さを取り戻したものの、真夜中になると再びケロケロケロ…うわーんっっっ
そして本日のミーちゃんは、ごはんも食べずにほぼ一日をモコモコハウスで寝て療養…。夫婦でヤキモキしながらも、新聞を布団とその周りにぐるりと敷き詰めて旦那は就寝、私は風呂へ。
そして、今さっき、みーちゃんがいつものように風呂上がりに真夜中にPCに向かう私の元へやってきました。ストーブの前でゴロゴロ喉を鳴らしています。
ごはんも食べて水も飲みました。
このまま元気になってくれるといいな…
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-17 02:17 | 猫狂部屋

久々に着物ネタでも…
先日、旦那の帯留作品の個展展示用に帯締めを探しに名古屋の骨董祭に行って参りました。小雨交じりの寒い平日の昼下がり…初日にもかかわらずゆったりと散策。
最初のブースで早くも旦那の目的を達成したので、いつもならオバチャン組に押され気味で敬遠しがちの古着物の1000円コーナー3000円コーナーの着物&帯の山に手を探り入れると…キモノオバチャンズが絶対に選ばないような面白いモノが入り乱れているじゃないですか〜!
最初は面白がって、ただ変な柄を引っ張り出していたのですが、なにやら横文字筆記体をあしらったサーモンピンクの帯を発見!
ズルズル引っ張り出すと…すごい!ヘビ柄風に織り込まれた名古屋帯でありました。
c0047024_1423860.jpg

これはなかなかの珍帯!色味によってはすごく悪趣味になりそうなところを実にうまくかわして上品な遊び心が効いていて一目惚れ☆
1本キープして、さらに気になる色目の帯を引っ張り出すと…今度は鹿模様が登場。
c0047024_265654.jpg

なんだか北欧デザインチックなシンプルさに完全にノックアウトです。
もう、家にあるキモノとのコーディネートが浮かんできてしまった…
c0047024_2795.jpg

こんな感じ?
と、いうわけで帯3000円×2本、即買いでした。
1本目は奇抜だから何と合わせればよいのやら…と旦那と話していると他の着物屋の1000円コーナーで縦縞のシンプルでカジュアルなキモノを発見!
これなら下にタートルを着て、足下はロングの編み上げブーツが合いそうです。
c0047024_142381.jpg

家に帰って、早速キモノ合わせ♪しめて4000円コーディネート。
これなら他にもいろんなコーディネートで遊べそう。

ほんと、こんな帯達、どんな方が仕立てて召されていたのでしょうね?
それを想像するのも楽しい。古着物って素晴らしい☆
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-14 01:42 | アンティーク着物

ネコマンガ

c0047024_1133841.jpg

c0047024_1133876.jpg

c0047024_1133862.jpg

c0047024_1133882.jpg


猫飼いにはお馴染みの光景ですが、うちのミーちゃんも新聞を読んでいると「遊べ〜」と言わんばかりに邪魔しにやってきます。
床に広げた新聞を屈んで読んでいる顔めがけて近づいてくるミーちゃん。まずはお行儀よく挨拶の鼻チュー。鼻水をシュリシュリ…うへぇ。そのまま顔面に体ごとスライドシュリシュリ(洗車場かい?)…シッポでモジョモジョと視界を遮っていきます×3回セット。
それでも新聞を読んでいると読んでいる記事の上に座り込み(香箱)。
なんとか退かして読み続けると、今度は横から頭めがけて両手で猫パンチ!そしてダッシュで逃亡。ううう…と頭をさすりながら頑なに新聞を読み続けていると、ゆっくり近づいてきて読んでいる記事めがけて猫パンチ!そのままバリバリバリバリ…と…あわわわわ
そこでようやく「こりゃ〜!」と追いかけ回して押し倒し、あ・と・は…いひひひひひ
c0047024_1133824.jpg

そんな毎朝です…
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-13 01:13 | 猫狂部屋

ありえネェ〜演出…

よくよく考えたら熱く語るほどの映画でもないので前回の続きをざっといきます。
まー数え上げたらキリがないのですが「ありえネェ〜」と思った演出をいくつか…

デート中に机の下で電子手帳を見ながら話す電車男…そんな不振な行動に何故気づかないのかエルメスよ…(注・エルメス→電車男の恋の相手女性の通称)。
デート中にテーブルの下でコソコソしていたら私なら携帯カメラでパンチラでも撮られているのではないかと思ってしまうが…考え過ぎか?
電車男がエルメスにオススメする映画のチョイスが「マトリックス」ってのもイマイチである…聞いたこともないようなB級SFかなんかを女が白けるまで甲高い声で熱く語るくらいのほうが「オタク」なのではないかと思われ…
アキバの電気街で半泣きになりながらエルメスを探す電車男が何故か服を脱ぎ始めて道路に放って歩くのも異様だったわ…今の世の中、その時点で警察に職質されているでしょう…
そんな電車男をやさしく慰めて街のど真ん中でキスするエルメスも充分変な女だが…

その前になによりも電車で酔っぱらいに絡まれて助けてもらったお礼にエルメスのコーヒーカップを送るセンスがわからないのだけど…ブランド名ゴリ押しって感じでちょっとね…私ならKIHACHIの菓子折くらいは送るかもしれないが…そうすると「キハチ」と呼ばれるのか…イヤだな。
ま、この映画のもうひとつの意地悪な見方としては、理系の童貞君を選んだ賢い負け犬女の恋のテクニックとでもいうか…そんな風に見る映画なのかもしれない(と、いうかそういう風に世論を持っていきたかった少子化対策の政治的陰謀?)。
どんな状況でも恋を拾えるか拾えないかというのは「気づけるか気づけないか」という一種の才能である。私なんて約10年ほどの電車通勤でたまに泥酔した帰り道に知らない人にずいぶん助けられたが、その誰もが「電車男」に成り得たのかもしれない…運命というのは案外どこにも転がっていて、それに気づいて拾い上げて磨けば宝石になるものだということを知っている人は意外と少ない。誰もが電車男になれるしエルメスになりうるのだ。

そして、どうでもいい映画でもどうしても教訓めいたものを拾ってしまおうとするのは貧乏性という病気なのだ…あああ。
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-11 02:30 | 映画・テレビ・ゲーム

リアルって??

今日はよく行くDVDレンタル屋が新作含めて一本90円と激安デー。
きゃ〜うわっはぁ〜田舎万歳!というわけで物色するも…めぼしい映画はほとんど空いてない。
そんな中で大量入荷にもかかわらず残っている「電車男」…旦那の反対を押し切って、久々にCM以外で動いているナカタニ(中谷美紀)見たさに借りてしまったよ(旦那はアストロ球団・実写版をチョイス、他2本洋画の計4本…360円!激安)。さて、どんなものか…???
買い出しの帰り道に
「だってエルメスが<ごくせん>の人でしょ?」という旦那…;;;;;
「それは仲間由妃恵だってば…ごくせんとトリックは仲間で、ケイゾクがナカタニ…」なんて言いながら帰宅。1泊2日なので早速おやつをつまみながら見始めました。
んー。
ここで一応、今更だけど電車男のあらすじををざっと…
電車で酔っぱらいに絡まれた女性を助けたオタク青年がネットの掲示板(2ちゃん)の仲間に恋の悩み相談。みんなの応援、支援を受けながら恋を成就させるという、実際にあった(らしいとされる)ストーリー。

最初、朝日新聞の書評で「電車男」を知った時は、ネット発の掲示板の会話をまとめた実録恋愛友情物語なんてどんなもんか興味を持って本屋で立ち読みしてみたものの「あ…これは来年あたりBook offで平積み100円になってそうだな…」と思って買うのを止めたのを思い出す。「2ちゃん」などの楽しさは「その時居合わせた!」という刹那的な言葉の積み重ねだと思うのだけど…これが純愛小説(?)として世の中に流通していったのだから…ね、ま、文学として捉えると眉を潜めたくなるけど「現象」として楽しむ分には面白かった。
この「電車男」という存在は無限に増殖可能な曖昧な存在である。「実在した」ということが前提となっているが、今、話題の「生協の白石さん」みたいに特定の実在人物が割り出せるわけでもなく、仕掛け人がいたとかいないとかの説もあるけど調べるほど興味はないので割愛。
解りやすい物語の進行が現代の逆シンデレラストーリーとして同時進行型に映画化・多数のマンガ化→ドラマ化…という、気持ち悪いぐらいの勢いで増殖していったのだった。

…ま、一度映画の話に戻って…
映画の前半はドラマ版も何話かテレビ見ていたので映画版と配役を比べながら「あっちの方がリアルなオタクだったね」とかくっちゃべりながら見ていたのですが、話が進むにつれ…二人して「ありえネェ〜」の連呼!あの映画「カンフーサッカー」以来の「ありえネェ〜」連呼記録でした。

あーっと、ここまで書いて時間切れです…また続きは次回…
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-09 03:02 | 映画・テレビ・ゲーム

一周年

早いもので入籍してから無事に一年が経ちました。
結婚式は今年の春だったので結婚記念日がふたつ。わーい。
c0047024_254315.jpg

<画像は灯台近くに咲いていた夕顔>

このところ旦那の干支展の搬入で南知多へ足を伸ばした以外は地味に家仕事してます。
すっかり主婦色濃厚…一仕事終えてはお茶ばかり飲んでます。
万博のモロッコ館で買った総ステンレス製のポットが大活躍です。
c0047024_254257.jpg

このポット、お湯が約4杯分くらい入るし、お茶っぱの目詰まりも無く、足が付いているのでこのままストーブの上に載せて暖め尚したりも出来て便利なのですが…
熱伝導が良すぎて取っ手が熱い!布巾なしでは持てないのが難点…しかも寒さで保温力も低下…うーむ。
そんなわけで久しぶりにお張り仕事に励み、こんなポットカバーが出来ました。
手元にあったのが黒い起毛の余り布だったので黒猫にしたつもりが…ネコウモリに。
c0047024_254237.jpg

水滴の光る蜘蛛の巣の刺繍も入れてみたりして…
c0047024_25437.jpg

サイズもピッタシに作ったのでカバー掛けたまま取っ手も掴めるしお茶も注げるし、保温力も驚くほどアップしました。久々に生活に役立つモノが出来て満足。
んー、久々に手芸熱が復活か…?今度はティッシュカバーでも作ろうかな…
いやーん、すごく主婦っぽいではないか…
[PR]
by tosakanekosha | 2005-12-04 02:05 | 日々の泡