<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0047024_1143619.jpg

実家では長くセキセイインコを飼い、犬派?猫派?の質問に堂々と「鳥派!」と答えていた私だが、実は昔から猫を飼うことに密かな憧れを抱いていた。
大島弓子が描く愛猫サバ(現・グーグー)との愛溢れる生活にウットリし、ポール・ギャリコの「猫語の教科書」を読んでは猫と人間(メス)の酷似している部分にニンマリし、同じくポール・ギャリコの葉っぱのフレディではなく「ジェニィ」の猫の冒険に心躍らせ、決定打は平出隆「猫の客」。この物語の愛猫家ではない夫婦がふと庭に来るようになった猫に次第に心惹かれていき、その猫を我がものにしたいという密かな欲望と、気まぐれな猫の触れ合い、そして突然の別れを描いたものなのだが(作家自体が詩人らしくサラリとした言葉を選んだ文体で読みやすい、そしてなにより読んでいる時に泣かせようとする意図が感じられないのが良い、よって、うっかり泣いてしまうことになる)、これらの物語を読むに付けて「猫との生活」もしくは飼うことはなくても自分にとっての「特別な猫」という存在というものに憧れが募っていた。
しかし、本当に飼うとなれば別…動物を飼うということは本当に大変なことである。安易に手を出してはいけない領域だと思っていた。だってなによりもテレビや雑誌に出てくるような溺愛犬家とか溺愛猫家とかって痛々しい感じで見ていたし、今となっては中学生男子が「BOM!」や「月刊・投稿写真」を貪り読むように眺めては感嘆の声をあげてしまう「猫の手帖」とかは、かなりマニアックな雑誌だと思っていたし、「猫好き」を名乗るには猫を知らなすぎたし、とにかく、ちょっと恥ずかしい感じがしていた。

…そう、みーちゃんに出逢ってしまうまでは…

つづく>
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-28 01:14 | 猫狂部屋

c0047024_0475143.jpg

c0047024_0475112.jpg

このところ様々な準備に追われてばかりではあるが、ちゃんと11号ちゃんの図面も出来上がっているのでした。今度のは体調80センチ。
先月の人形展で知ったことなのだが、学校によっては図面を引かないで作っているところもあるらしい…私も入学当初は図面を引くのが苦手で「あー思い通りに作れなーい!!」などと思ってはいたが、しかし、図面は意外と重要で常にバランスを気にしながら作ることができるのでしっかりと引いておけば後々の作業にロスが少ない。しかし思いつきで変更をするのが難しい。一体を作るのに要する時間が長いので図面の段階で作りたかったものと途中から作りたいものが変わってきてしまうと大いに悩むことになる。
学校から離れてよかったことは図面を生かしながらも思いつきで柔軟に変更できるところだが、そのぶんの「取り返しのつかなさ」を全部自分で引き受けなければいけないので危うい。
ただ奇をてらったものを見せようとするのではなく、どのように作るのが自分らしさを出せるのか??作る段階でそれを発見してゆくことがオリジナリティに繋がるのかもしれない。こういった作業は自己のアイデンティティの確立と同様、哲学に近いのかな??

なんてこととは関係なくアトリエの片隅で植物は萌える。
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-26 00:47 | 人形制作雑記

ストーン

c0047024_1154016.jpg

2月に入ってスケジュールが過密だった。小さなお客さんとウサギを2週間ほどお預かりした後、個展や結婚式の準備に追われ忙しくしていたのだ。そのストレスが伝染したのか??みーちゃんの様子がおかしくなってしまった。
部屋の布製品(座布団・カーテン・ジュータン)にオシッコをしまくり…部屋のあちこちにゲロを吐きまくり…しかし食欲旺盛。遊びをせがむほど元気。
かと思いきや遊びの途中にトイレに駆け込む みーちゃん。むむむ。
一度病院に連れて行くと膀胱炎ではないかと診断。
さらに二日後、みーちゃんが置いてある新聞紙に排尿しようとしたので旦那が叱ると、パッとみーちゃんが逃げ去った後の新聞に「血尿」が!!!ガーン
急いで尿を採取すると、みーちゃんを連れて病院に行ったのでした。

結果、尿道結石の疑いがあると診断。
猫にも結石ってあるのですね、昔、父が煩ったときは薬で小さくしてからビールで流したけれど、猫にビールを与える訳にもいかず…
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-24 01:15 | 猫狂部屋

勝手にリミックス

c0047024_17255549.jpg

c0047024_17255579.jpg

昨晩は旦那の誕生日だった。41歳。
そんな旦那だが、先日、オペラ座の怪人のテーマを口ずさんでいるうちにバイエル薬品のCMソングとリミックス出来るのを発見。♪たららら~ら~ら~(ここまではオペラ座の怪人のテーマ謡だし)ラ~ララ~バイエル(ここから草刈まさおが空中ブランコで登場)♪
てな具合である。
私が以前発見した勝手にリミックスソングはスパイスガールズのデビュー曲と「おら東京さ行くだ」という組み合わせ。サビはスパガでラップは幾造。これがとても自然。ぜひお試しあれ!

画像は今日も食べ続けているケーキと成田山土産のピーナッツ最中。うまい!
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-21 17:25 | 日々の泡

球根どんぶり

c0047024_1646246.jpg

あんまりなので植えかえました。
ヒヤシンス丼クロッカス球根添え...
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-15 16:46 | 日々の泡

ヒヤシンス

c0047024_16351876.jpg

c0047024_16351915.jpg

球根育成中。
三つ入りの球根を一つは専用花瓶に、二つ目はビーカー型の花瓶に、三つ目を迷ったあげく空のドレッシングの瓶に...んん?なんだかイヤラシイ形...と旦那に指摘され赤面...大人のヒヤシンスですな。
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-15 16:35 | 日々の泡

願掛けデパート

今年に入って初の単身里帰りしてきました。
普通「田舎に帰る」と言うとのどかな田園風景など思い浮かべちゃうけど、私の場合は街に出る感覚なのが不思議。
そしてついでに親孝行。
20年ぶりぐらいに家族と成田山にお参りに行ったのですが、これが面白かった。
まず、お札を頂くために申し込み用紙に希望のコースを選んで記入。これが家内安全、商売繁盛、無病息災、交通安全…といろいろあって一つの願掛けが3000円〜となっているのだ。とりあえず私は家内安全、商売繁盛あたりだなぁと迷っていると、家内安全+商売繁盛のセットコースがあり、それは二つで5000円…あ、お得? 
なんだかなぁ〜と思いつつも、ま、いいや親が出してくれるというし、と、セットコースを申し込んだ。ガチャンと機械処理する係の人…うーん実にお役所的光景。
待つこと2、30分…その間、願掛け別の建物を回り、ジャンジャンお賽銭が吸い込まれてゆきます…人間の欲を突いてきます。うーんよくできているなぁ〜この仕組み。
そうこうしているうちに大講堂(?)でお祓いが始まる(ライブが始まる)という感じで大きなお堂に人がぞろぞろ吸い込まれていく…開演間近らしい…私ら一行もお堂で正座。
9時になるとお坊さんがぞろぞろ登場。一人ゴージャスな袈裟を着たセンターのお坊さんが今日のメインボーカルらしい。太鼓のビートに弾けるお経。次第に熱気を帯びる会場。
メインボーカルに求められるがままサビを大合唱。コール&レスポンス? ステージの真ん中で燃え上がる火であぶられてゆくお札。すると熱狂的なファン達が立ち上がりステージに詰め寄り鞄を預けている(どうやら鞄をあの火にあぶって貰うといいらしい??)よくわからないまま参加しないと損な気がして私も鞄を持ってステージに詰め寄ると、ちゃんとあぶって貰えました。なんか気分が高揚してきたぞ。ヒートアップするお経…チーン。そんなこんなでライブも終了。
帰りにカウンターで完成したお札を引き替えて〜とお土産付きで5000円。高いのか安いのか、ま、大人になると楽しみ方が変わるんだなぁ…と思いました(こんな罰当たりの願い事も聞いてくれるといいなぁ)。
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-15 01:38 | 社会見学

今日は久々に映画鑑賞。
前日まで「ハウルの動く城」を見に行こうと言っていたのに、話をしていうちに二人ともどうしても主役のハウルの声がキムタクというのがひっかかり…
(なんで最近のアニメ映画はタレントを声優に起用するのだろう?世界に入りにくいじゃないか!!浜ちゃんのシュレックとかさ…その昔、NHKで放映していたスヌーピーのチャーリー・ブラウンの声が「なべおさみ」だった時は子供ながらに「何か違う…」と思っていたものだ)
…で、結局、チケットを買うまで「カンフーハッスル」と「オペラ座の怪人」(←極端な選択幅)を迷っていたのだが、どうせ1800円払うならゴージャスな気分を味わいたくて(←この辺、結局は貧乏性?)「オペラ座の怪人」になった。

ここからは映画ネタばれ注意? ↓
いやーしかし、ほんと大画面・大音量向きの映画でした。これは映画館で見て正解です。ハリウッド的「映画の魔法」もたっぷり。開始10分くらいのオンボロのオペラ座がかつてのオペラ座の姿に塗り代わりながら物語が始まるシーンに鳥肌(あのシーンはもう2・3度見たいくらい)。物語は…基本的にはヒロインにつきまとう怪人、ヒロインに恋する若者(白馬に乗って助けに来たり、剣で戦ったりしてくれる…という分かり易い王子様っぷり…なんか羨ましいぞ)、そして対決!そんな感じです。オチは意外と江戸川乱歩的でした。
そこかしこに歌や踊りがあって、仮面舞踏会のシーンや見せ物小屋シーンとか魅力的。怪人の棲む秘密の地下壕には一面に蝋燭が立てられ、リアルドールみたいな花嫁人形(体はトルソで出来ている)があったり、鳥を象った大きなベッドがあったり…結構ゴスな趣味?だけど衣装もセットも乙女のロマンが盛りだくさんよ。うふん。間違ってもマックのハンバーガーとか持ち込んで食べながら見てはいけない感じ。ハンバーガー臭で興ざめしそう。シャンパン片手に見てください。そんなゴージャスさで挑みたい。あと仮面も忘れずに!
まーミュージカルなんでサビの部分を何度も繰り返し歌うところとかくどいし、歌っている場合じゃないだろう!!と思うシーンも有、タモリ派(ミュージカル苦手)の人にはウザいかもしれないけど、捻くれ人妻でも充分と楽しめましたわよオホホ。
しかしテーマ音楽が耳から離れない…何をするにも効果音として口にしてしまうあの前奏。会話もミュージカル調でギャグになってきているし…しばらくは「オペラ座の怪人」ごっこが夫婦内で流行りそうだ。
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-05 02:13 | 映画・テレビ・ゲーム

毎日サイト作り…

旦那に八つ当たりしたり愛猫を足で撫でたりしながら、ようやく公式サイト分だけ形らしき物が出来てきました。
http://tosakaneko.fc2web.com/
まだサイトの存在をほとんどアピールしてないから手応えもなく孤独との戦いだわ…Blogの特性も未だよくわからず…私の部分がもう少し出来てきたら以前のサイトでお世話になった方々にも挨拶回りが出来るかな〜?

と書き込んでると、廊下と部屋を仕切る絣ガラス戸越しに猫のシルエットが…みーちゃん。そっと開けてやると猫パンチを繰り出しダッシュで逃げていった…こういうときは「私を捕まえて〜おほほほほ」という追いかけっこ気分なんだろうけど知らん!
[PR]
by tosakanekosha | 2005-02-04 00:35 | 日々の泡