カテゴリ:社会見学( 31 )

平日の昼下がり…仕事で名古屋のギャラリーを訪ねたついでに名古屋市科学館へ。
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/index.htm
ここ、たぶん愛知県出身の方なら子供のうちに何度も遠足で訪れるであろうというような真面目な施設です。
テーマごとに参加型の展示物があって、ボタンを押すと様々な仕掛けが動くような…アレです。
大人になってから行くと、なかなかのカルトスポットでありました。
プラネタリウムも併設されているのでそれ目当ての来訪者も多い様子。
しかし我々には時間がないのでプラネタリウムを割愛(えーっ)。
ちなみに入場料はプラネタリウム付きで600円!展示だけだと300円!!公共の施設は良いですねぇ〜。

平日の昼下がりの科学館は保育園児の団体やらが少々で後は観光客らしき人がチラホラ疎らに居る程度。
広い施設なので子供らとかち合わないように上手くやりすごせばほぼ貸し切り状態で楽しめました。
子供の頃なら班ごとに行動してボタンを押すのは学級委員だったり班長だったり…目立ちたがり屋に押されて自由に楽しめなかった数々の展示物を好きなだけ独占して楽しめます♪ウフ。

す、好きにして…いいのね?
ではでは、かぶりつきで見ちゃいますよ…デへへ。

なんてよくわからない興奮に包まれつつ…入ってすぐの科学の不思議やら防災の科学などをチラホラ覗いてはボタンをポッチッと押して仕掛けが動くのを楽しみましたが、相当広い上に時間があまりないので途中かなりすっ飛ばして目指すは生命館。1番のお目当てのミクロの世界と、人体のしくみのフロアへ。

ありましたありました!人体模型ズ。
c0047024_2133642.jpg

ボタンを押すと回転したり臓器が光ったり、してくれます。
c0047024_2133691.jpg

うーん、ステキ!こういうのが見たかったのですよ。

巨大な人体の構造の模型がボタンを押すとチカチカ電球が光ったりしながら消化活動を教えてくれる展示物とか、こんな私らのためにドドーンと動いてくれて、でも途中で飽きて次の展示に目移りしたりして…なんだか申し訳ない気分に…

ミクロの世界のフロアにあった巨大細胞膜の模型の前で記念撮影。
c0047024_2133635.jpg


他にも妊婦さんの模型やら、昭和的なイラスト映像で解説された「赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?」的なビデオにはノーカットの出産シーンがあったりで衝撃的で感動的でした。

c0047024_2133645.jpg

フロア全体のムードがなんとなく近未来SFのような…ブレードランナーテイストな空間だなぁ…と思っていたら、この建物が造られたのが80年代なのですね。
なんとなく人体模型がレプリカントに見えて来たわ…。

こういう懐か嬉しい昭和的な近未来の希望を詰めた科学館…このままタイムカプセルのように受け継がれて欲しいものです。
[PR]
by tosakanekosha | 2009-06-12 02:13 | 社会見学

ちょっと前に朝日新聞の記事で見かけたパンダ柄の仔牛誕生のニュース読みました??(東海版だけかなぁ…?)
その名も「あいぼくのパンモちゃん」
以前から、猫の奇跡系ニュースや悩むクマつよし君の真っ黒ボールポーズとか…額に7の字のある牛とか…
この手の新聞の隅のほのぼの系の話題に弱い私ら夫婦なのですが、パンダ柄の牛もかなりツボに填り、割と近所の愛知牧場(通称あいぼく)ということもあり、個展の準備も落ち着いてきてようやく少し時間が出来たのでバイクを飛ばして行ってきました。

暖かい日差しの中、早速ソフトクリームに心を奪われつつも(←そっちが本命?)牧場の中を進むと看板が!
c0047024_238393.jpg

期待を胸に牛舎に向かって斜面を登っていくと…
おお、確かにいましたパンモちゃん(*゚▽゚)ノ
c0047024_2382216.jpg

c0047024_23922.jpg

パンダ模様のモウモウからパンモになったそうな。
んー、意外と思ってたよりワイルドですね…あれ、なんか鉄拳っぽい?(←そういう邪念は封印しなさい)
パンモちゃん大人気の様子でケータイを翳した人々に囲まれておりました。
c0047024_2384822.jpg

しかし、なかなか干し草に夢中でこっちを向いてくれない…ケータイ翳した人々もパンモに合わせて右往左往。なかなかのツンデレっぷり。
これじゃパンダっぽいのかどうかわかんないしなぁ…(邪念がイケナイのでは?)と、シャッターチャンスが巡って来ないので先に他の牛と戯れに…
大人牛もなかなか愉快でした。
この模様も相当変わってますね…そしてすごくアゴが痒いらしい。
c0047024_2402898.jpg

るい児師のゴールドフィンガーにメロメロになるジャージー乳の仔牛。
c0047024_2404828.jpg


そんなこんなでパンダっぽいショット。
やっぱりなんか可愛いです。
c0047024_2365843.jpg

他の仔牛に優しくチュー。
c0047024_2371955.jpg

うはー、カワエエ。
カメラで追っているうちにどんどんパンモの魅力にクラクラしてきました(これがツンデレの魅力?)。

そしてふやけた頭を冷ましに美味しいソフトクリームを食べながら、パンモはパンダ柄なんて自分じゃわかんないだろうから(パンダという生き物すら知らないだろうから)何故自分だけこんなに人に囲まれるのか不思議だろうなぁ…などと思うのでした。
次回はジェラートを食べるぞ!
[PR]
by tosakanekosha | 2009-03-18 02:41 | 社会見学

海遊館・回遊

もう先週の出来事なのですねぇ…海遊館回遊。

なだらかな螺旋状スロープを下るように大きい水槽をグルッと取り囲んだような造りが素晴らしかったぁ(*´∇`*)
c0047024_2164918.jpg

ジンベイザメが近づいてくるとその大きさに驚きます。
c0047024_2164984.jpg

背中に乗りたーい!
ジンベイザメは遙か昔(20年前くらい?ぎゃぁ)沖縄旅行以来の遭遇!(あの時はまだ古い水族館だったなぁ…ちゅら海も逝きたいよぅ…)子供の頃の感動が蘇りゾクゾクしました。
帰りにしっかりジンベイザメボールペン(ジンベイザメがクルクル回る♪)を購入!

もう、時間があればこの水槽グルグル回って半日過ごせそうでした(*゚ー゚*)
私的お気に入り水族館ランキング1位を揺るがすほど!
ちなみに今までのランキング
1位は江ノ島水族館(やっぱり海月水槽ですね〜)
2位は葛西臨海水族園(マグロの回遊も飽きないな〜)
3位はフレンドリー部門で南知多ビーチランドかなぁ…二見シーパラダイスも捨てがたい…
そうなるとあれもこれも良くて…ランキングにしなくてもいいんじゃ…??

その他いろいろ可愛かったんだけど…残っている画像はこんなんばかり…
恐怖吸盤地獄!
c0047024_2164959.jpg

The・カニの漫才…
c0047024_2164956.jpg

なーんーでーやーねーん…つっこみに3年くらいかかりそうなほどスロー。

最後には海月コーナーもあったよ♪
c0047024_2164940.jpg

海月を照らすライトが色とりどりで色の移り変わりが激しく、大阪らしいライティング?土地柄を感じました。

きっとまた逝くゼ(*´σー`)エヘヘ
[PR]
by tosakanekosha | 2009-02-13 02:16 | 社会見学

5日の初えびすを詣でてなんとなく興奮冷めやらぬまま(?)勢いで書いております。

えびす様にこの一年の商売繁盛を祈願するお祭りで、4日の深夜に日付が代わると共に詣でる歴史の古い地元信仰の厚いお祭りのようです。
この地に引っ越す以前からその時期になると周辺一帯の道路脇に突如として現れる赤い幟が気になっていたし、そのお祭りの噂は聞いていたけど…
その時間になっても大晦日ほどの人の行き交いがなく、ちょっと不安になりながらも防寒重装備で家を出て少し歩くと…遠くからお神楽のような?お囃子のような?音楽が聞こえてきます。そしてお寺の上部の辺りが明るい。
祭りを確信して急な勾配を息を切らして登ってゆくと…沿道には出店が並んでお祭りムード♪
まさかこんな近所でこんな真夜中にこんなに人が集まっているとは!!!というほどの人出。
c0047024_241143.jpg

広場には大きな焚き火が焚かれていて近づくと熱いくらいでした。
甘酒と味噌田楽が無料で振る舞われておりましたが、まずはお参り。
c0047024_241176.jpg

立ち上る炎!舞い上がる火の粉が気持ちを盛り上げます。

長い長い行列について進み、ようやく順番。
2礼4拍手1礼
元気よく柏を打って神様に振り向いて貰わねばなりませんっ!今年もどうか満員御礼!出来れば大入りで…ブツブツ。お参りを済ませたら熊手売り場へ!
c0047024_241174.jpg

熊手や護符を購入するとなぜか三角くじが漏れなく付いてくるのです。くじを開いたら…バケツ?とティッシュ?そういえば息切らして登る坂道を、お参りを済ました人々がハンドバックのようにバケツを手に降りてくるのを見て「?」と思いましたが…これだったのですね!
当たり?なのかわからないまま景品交換所でバケツとティッシュ、さらにおまけのサランラップまで頂いてしまいました。おそらく熊手で回収した幸福をバケツで逃さないようにする為に違いない!っと勝手にこじつけております。
c0047024_241127.jpg

中には洗濯カゴのようなモノを貰っている方もおりましたが…幸福が編み目から逃げないか…?勝手に心配です。

いろいろ迷ったけど護符は福こづちにしてみました。
c0047024_241137.jpg

開運・招福・良縁・安産・諸願成獣だそうです…つまり万能?

このお祭り明朝の午前中まで続くそうな…この時間もまだ賑わっていると思うと不思議。
[PR]
by tosakanekosha | 2009-01-05 02:41 | 社会見学

ひとり水族館

c0047024_1733491.jpg

c0047024_17334969.jpg

c0047024_17334996.jpg

江ノ島水族館に行ってきました...ひとりで(^ε^)♪
こういった場所はみんなとワイワイ行くのも楽しいし旦那とデート気分もスイートで楽しいけど昔から独り映画館とか独りショッピングとか独り水上バスとか目的が明確なほど独りの方が気兼ねなく好きなんです。好きなだけ好きなモノを好きな音楽を聴きながら眺められるなんてなんとも贅沢なことか。ご飯やお酒は断然独りより親しい人とがいいけど(*^_^*)
今回の目的はもちろんクラゲ!ずっと昔、会社を辞めようと決意してサボって反対向きの電車に乗ってやってきた頃は古くて人もまばらな水族館でした。今では全国的に定着しつつあるクラゲ水槽もその頃は江ノ島水族館だけが日本で唯一クラゲを専門的に飼育していて、それを目当てな人もいなくて穴場だったんだけどな~(^~^)
今はオサレな場所にすっかり生まれ変わり大好きなクラゲコーナーが広がったのは嬉しいんだけどデートコース色が強いのがイマイチ残念な感じがする(まぁ、独りで行く派の方が極少数だろうけど)。でもって今回は雨模様にもかかわらず家族連れやカップルが多く、私以外で独り水族館は美大生らしき女子が1人でした(^_^;)
でも、もっと独りでも楽しんでいい場所だと思うんですよねぇ...

ちなみにイルカショーの間がクラゲコーナーが空いてます♪
[PR]
by tosakanekosha | 2008-09-29 17:33 | 社会見学

空飛ぶ富士山

先日、実家から家族が遊びに来た際、親孝行プレイ(←byみうらじゅん)の一貫として観光に出掛けた東海地区ではTVCMでお馴染みの季節の花のテーマパーク「なばなの里」。
c0047024_22974.jpg

名古屋方面では昨日あたりから桜が開花しはじめましたが約2週間前はまだいくらか肌寒さも残り枝垂れ梅が満開の頃でした。ほんと季節が巡るのは早いですねぇ。
とにかく広い園内のあちこちに季節の花が咲き、お土産屋も活気があり本格的レストランも温泉も一通り揃ってなかなか至れり尽くせりで我が両親も大満足したが、私達夫婦の裏の目的は…空飛ぶ富士山型展望台、その名も「マウント富士」に乗ること!
c0047024_2292639.jpg

TVCMで見る度にプカプカ楽しそうに動いている謎の展望台に兼ねてから興味津々だったので念願適っての搭乗となりました。
c0047024_2294670.jpg

近くで見ると、工事用クレーンのアームの上に円形の展望台が乗ったような構造で、空飛ぶ円盤に富士山を取り込んだシュールなデザインに胸躍ります♪
c0047024_230943.jpg

昔ながらの職人気質の我が頑固親父は「そんなもの…」と照れゴネしつつも、「まぁ、折角だから〜」とみんなで半ば強引に乗せ、いざ空へ!
思ってた以上にグングンとアームが地上から我々を引き離していきます。
最高点まで達すると展望台がゆっくり回転して、見晴らしは最高!
c0047024_2303068.jpg

無邪気に喜ぶ母と、滅多に笑わない父の満面の笑みを写真に納めることが出来て、なんだか嬉しい。

ちなみに搭乗するには入園料と別途で500円ほどかかります…が、これはかなりオススメしたい空飛ぶ富士山!でも、なんで富士山なのかは…謎だけど。
[PR]
by tosakanekosha | 2008-03-27 02:30 | 社会見学

紅葉に眠る退廃

福井から帰ってすぐ干支展の出荷に追われています。
気が付けばノンク・プラッツのクロージング展も迫っています。
何かと忙しい年末です。
そんな中、紅葉だけは何度か見物にいっているんですが…
1度目は福井前に某有名紅葉スポット→まだ早かった。
2度目は福井中に比較的近い山のお寺の紅葉スポット→これもまだ早かった。
そして、3度目にしてようやく紅葉最盛期にありつけました。
注文した木箱を取りに行った帰りにふと立ち寄った穴場スポット。
c0047024_235512.jpg

平日の曇りのその場所は人も疎らでゆるやかに出店も出てるんだけどどことなく活気がない…そんなことは気にも止めず紅葉だけは密やかにも情熱的に紅く染まっておりました。
c0047024_2364067.jpg

頬が紅葉で紅く染まるほどの山の中、急な岩の階段をひたすら上へ上へと登ってみたり。降りてみたり。
c0047024_241142.jpg

ゲームの音楽(ワンダと巨像とか、ゴッドオブウォーとかのBGM)を口ずさみながら子供の頃の冒険ごっこのような気分でただただ紅い道をウロウロと彷徨ってきました。
c0047024_242835.jpg

昔はかなり栄えたのかな?商店の半分以上が時を留めたまま暖簾を下ろしていてる。その光景はいつか見た夢みたいなんだな。こんな町を彷徨う夢をよく見る。
c0047024_245256.jpg

ステキな廃屋に心奪われる。住めないけど。
c0047024_25761.jpg

そして最後はいい味を出している給水タンク。
c0047024_252045.jpg

しかし、こちらは稼働中のようでした。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-12-02 02:05 | 社会見学

なんやかやと事務・雑務に追われる日々ですが、先日、念願適って明治村に行ってきました。瀬戸に移住して3年半ほどになるのですが、なんやかやで行きそびれていたスポットです。JAFの期間割引チケットで半額になって大人ひとり800円。JAFメイトの冊子の危険予測も愉しいけど巻末辺りのレジャー施設割引情報は侮れません。

で、何が見たかったのかと言えば…そう、帝国ホテル旧館!!
c0047024_22503530.jpg

北口入ってすぐ、一番最初に巡り会ってしまった。
写生に来ている小学生の黄色い帽子を避けながら、館内に広がるコーヒーの香りを楽しみながらウハウハと散策。ほんと細部まで凝っていて素晴らしい。
しかしながら閉園時間が4時なんで、半ば駆け足で移動。なんと60以上の建物が広い敷地内に点在してるんです。ロマン溢れる明治時代の建築たちに瞳孔開き気味、息上がり気味(運動不足)、毛穴開き気味(年齢による)で、もう色んな意味でメロメロのヘロヘロです。
最初こそ溌剌した小学生を避けるのに苦労しましたが歩を進めれば平日の静けさ。自分の領地内の屋敷、庭のような気分で愉しめました。
某TDLの暑苦しいほどの笑顔に飽きた大人向け施設です。
あー年間パスポート買ってしまいそうな予感…年間パスなら3000円はお安い!

名物の西洋亭のカレーも激ウマでした。フルーティーな味わい。
c0047024_2245440.jpg

教会の屋根にウロコ雲が似合いすぎ。
c0047024_2245449.jpg

[PR]
by tosakanekosha | 2007-11-05 22:45 | 社会見学

潮干狩リング2007

DFJの最期の原稿に頭を悩ませながらも先日ついに…
今年初の潮干狩りに行ってしまいました。干狩り初めですよ。

あ、第一村人発見↓
c0047024_24034.jpg

麦わら帽はホームセンターで買った本格的な農業用です(名付けて「第一村人帽」)。
もう3年も使っているけど丈夫です。軽くてツバも広めで紫外線対策もバッチリ。
ギンガムのリボンがアゴの下で縛れるので海風に強いのです。
たしか200円もしなかったような??潮干狩りにはオススメ。
ミニ鍬(本当は園芸用)とザルとバケツは100円ショップで揃いますよ。

帰宅した夜はシンプルに酒蒸し。
次の日の昼はトマトボンゴレうどん。
夜はブタあさり(ニンニクとごま油と唐辛子風味でブタとアサリをお酒で蒸す料理)
c0047024_24051.jpg

さらに次の日の昼はアジア風あさり春雨ヌードル。
夜はトンカツとあさりの味噌汁…あさり料理尽くしでした。
(ちなみに朝食はパンとヨーグルトとコーヒー)

それでも食べきれないほどのあさりあさりあさり。
塩水につけたままだと身が痩せてしまうらしいので残りは冷凍保存となります。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-04-23 02:04 | 社会見学

打ち合わせが終わって、いざ越前海岸へ!!
カニカニカニ…大きな蟹の看板に惹かれ入店してみると…メニューを見てゼロが一個多いのに仰天!!本場の越前蟹はお高いのですね…(あまり安いものは海外の偽物だったりするらしい)
c0047024_14155469.jpg

メニューに目眩しながらも退くに退けづ…思い切って奮発してみました。
捌いたばかりの越前蟹の蟹脚の刺身をギリシャ人がマスカットを頬張るように上に掲げて下から一気にパクッゥゥゥ…美味い!!これがやってみたかったのです。
焼き蟹も蟹ミソも最高でした(あと酒さえあれば…コラコラ)。

蟹で満たされた後は…水仙ランドへ。
日暮れと共に水仙がギッシリと植えられた丘から海を見下ろすと、雲の切れ間から幾重にも光のラインが降り注ぎ神々しい光景が広がっておりました。正に天使の梯子。
そこに水仙の香りをたっぷり含んだ冷たく澄んだ風が吹き抜けていきます。
c0047024_14155439.jpg

いつまでも眺めていたい…けど、日没が迫り退散。
(水仙&天使の梯子写真はまた次回にでも…)

帰り道にたまたま車を停めたところに愛染明王という神様が祭ってありました。
立て看板には明王が愛欲を忘れるために獅子の面を被り憤怒の形相で三日三晩踊り続けたという…(←いい加減な記憶力)縁結びとか、夫婦円満とか、愛欲に身悶える人々を救済するとかなんとか書いてありましたよ。とりあえずお参り。
ここ、なにやら不倫カップルに人気だとか…なんか出張とか言いながらこっそりホステスと蟹を食べに来ている中年男性の姿とかが目に浮かぶ。

その手前にはこんな看板も…
c0047024_1415549.jpg

いい味出してました。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-01-20 14:15 | 社会見学