インナートリップ・ドール?

旦那の松屋銀座個展の短期間ハード準備に追われつつも、ずっと頭の中に構想渦巻いていたお人形があって、「思いついたら即作りたい!」衝動に負けて完成に漕ぎ着けました。以前、ここで「顔の出来るまで」で紹介した頭部ちゃんです。
c0047024_1551824.jpg

いつもはトルソって手抜きに思われそうで敬遠していたんですが、図面まで引いて手足まで作ってみたものの「お人形」というよりもっと「玩具性」を強めたかったので中にちょっとした仕組みを仕掛けるためトルソ風の玩具に仕上げました。
インナートリップ・ドールというか…人形の体内を覗くことで自分自身の精神の内側を覗くような体験をして欲しい…そんなコンセプトをもって、人形の内面的なるものとして「魂の欠片(?)」詰めてみました。中身は実際に見るまでヒミツ。この仕組みが気に入ったので試行錯誤して男子と女子とあと2体くらい作って10月か12月の展示会に出品しよう!と、ワクワクしています。構想(妄想)だけが広がります。むほほ。
c0047024_155184.jpg

逆に顔はいつもより生々しくしてます(携帯写真だとわかりにくいけど…)。
ほわぁっと可愛い顔より、やっぱりこういう生々しい感じの方が得意なのかも…このあと睫毛も植毛しましたよ(扇風機と苦闘しながら…)。
c0047024_1551919.jpg

↑細い足に関節まで仕込んだところでボツった手足はまた別のお人形の手足として生まれ変わるのです…きっと。

ちょうどよい大きさの箱があったのでこの中でしばらく待機です。
c0047024_1551932.jpg

銀座にこっそり連れて行き、時間があれば友人関係にこっそり御開帳しようと企んでます♪
その時は覚悟しておいてください(?)。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-07-14 01:55 | 人形制作雑記