倉敷→犬島→門司→下関→神戸→瀬戸

展示会のついでに帰省したのか?帰省のついでに展示会があったのか??というくらい濃いい旅路でした。
倉敷には搬入と初日の2泊3日しか滞在することが出来なかったのですが、北九州に向かう前に今回展示会をご一緒した細見さんが「犬島時間」というアートイベントに参加するという犬島(廃墟マニアには有名?)を案内して頂き、精錬所辺りは現在ベネッセが買い取って美術館建設のため整備中で近づくことが出来なかったものの、道中の空き家や半壊した廃屋に魅とれながら島を早足で一周。そして北九州へ移動。
旦那の実家ではご馳走&晩酌の2夜。
門司&下関の史跡や採掘場などを義父様のガイドで散策したり、水族館でスナメリに夢中になったり、1年半ぶりの巨大廃セメント工場が無事か確認&撮影しに行ったりと、本題からどんどんずれて親孝行&廃墟見学珍道中を満喫してしまいました。
そして、帰りは名古屋まで一気に帰る体力もなく神戸で一泊、ついでに出来たばかりの神戸花鳥園に立ち寄ってインコやオウムのキャバクラ状態にウハウハしたりしながらも…倉敷→犬島→門司→下関→神戸→瀬戸(こう書き記すとすごい移動距離ですが…)無事に生還しました。

そして本日は洗濯地獄&新しい冷蔵庫を迎えるためのセレモニー(掃除)。
さらに約2週間後には銀座です!上京です!
その間も雑務が山積み…貧乏暇無しです。ぎょえ〜。

これは関門トンネルの入口。
c0047024_2421358.jpg

本州と九州の間は約700メートルだそうな。意外と近い?

c0047024_2421367.jpg

下関にはその昔、英国との戦争の時に実際に使用された大砲がずらり。

犬島と廃セメント工場は潜入は出来なかったものの素晴らしい場所でした。画像はblogか本家HPにUPする予定です…気長にお待ち下さい…(たぶん)。
[PR]
by tosakanekosha | 2007-07-02 02:42 | 日々の泡