瀬戸(市)の花嫁、瀬戸(内海)へ行く

倉敷からの帰り道はちょっと寄り道して瀬戸内海に面した小さな港町、牛窓(うしまど)へ…
人影もまばらな季節はずれの海…さ、寒い…寒くて車に逆戻り。
お目当てだった手作りオリーブ石けん屋さんも何故か臨時休業…で、せっかく来たのにもったいないので小高い山の上にあるオリーブ園まで登ってみることに。
白菜畑とキャベツ畑の合間を縫ってグングン登ってゆくと、切り立った崖の下に一面の埋め立て地!この尋常じゃないだったぴろささは壮観。
c0047024_133712.jpg

さらに頂上のオリーブ園にある売店の展望台に登ると、小さな港町が一度に見渡せて出来すぎたジオラマのよう。
c0047024_133799.jpg

オリーブの柔らかい緑の間にさっき通り抜けてきた白菜とキャベツ畑の絨毯がモザイク状に覗く、その上を雲の影がゆっくりと通り過ぎていって…CGで作られたような出来すぎた景色に現実感を喪失しそうな不思議な気分になる。これ、ホンモノなんだよね〜?
変なテンションの高さのままオリーブ園を後にし、小高い山を下っていくと、途中に産地直売店を発見。
な、なんと大好物の殻入り生牡蠣が30個で1260円!!!(一斗缶一杯で5000円なんてのもあった…あわわ)と、いうわけで…
c0047024_133795.jpg

たんまりいただいちゃいました♪
旦那の友人宅にお裾分けして、食した後も余裕があるので数えてみたら40個近く入ってました。バンザイ!売店のお兄さん大サービス☆
売店から帰り際にタコ焼きならぬカキ焼きまで一皿オマケしてくれて、実に良い人でした!
c0047024_133778.jpg

牛窓に寄ったら是非このお店、探してみて下さい!
[PR]
by tosakanekosha | 2006-01-29 01:03 | 日々の泡