お産はソーゼツ!

早くも出産から2週間が経ってしまいました〜。
今の生活のリズムは授乳と授乳の1 〜2時間の間にご飯を食べる、寝る、トイレ行く、シャワーを浴びる、大事な用事を済ます...そんな感じです。たまに4時間くらいぶっとおしで赤さんが寝てくれると小躍りしたくなるぐらい嬉しい...すでにそんなダメ母です。

さて、もう皆様の記憶から遠のいてしまっているでしょうが、今更ながら出産の時のことなどをドキュメンタリータッチでお届けします。



ここでも愚痴っていた通り、予定日12日超過でPupppなどという謎の蕁麻疹に脅かされ、痒さに耐えかねてついに「誘発剤」を使った出産に踏み切ったワタクシでございますが...

22日
旦那をお供に入院。
1時間おきに担当の助産士さん(とてもハツラツとした頼もしい女性でした)から1粒づつ手渡される計6錠の錠剤を飲み、その間は病院の階段を重たいお腹を引っさげて1階〜3階まで10往復するなど超ハードな1日を送りましたが、結局その日は有力な陣痛に繋がらず断念...

23日
早朝から仕切り直しで錠剤を2粒飲んだところで激しい陣痛が!!!
ここまでで相当疲れきって、ハードな階段のぼりにも飽きて来てたので(←コラコラ)
痛みで悶えつつも「おお、ついに!」と心躍らせ分娩室へ移動。

そして分娩台の上へ...これが、またなんか、ステージって感じで恥ずかしいんですよね。
そんな悠長なこと言ってる状態ではないので言われるままに乗りますが...
しかし、肝心の子宮口がなかなか全開に成らず...結局、誘発剤の点滴導入!

その頃にはかなりの痛みの波でところどころ意識が飛んでるのですが、
院長先生が「自然分娩か緊急帝王切開か五分五分だね」と担当の助産士さんと話しているのを聞いて、旦那に「お腹切るの嫌だよ〜」と泣き言を言ったらしいのだがハッキリ覚えていないんです。
で、旦那や助産士さんに「大丈夫だから〜」と色々笑いを交えつつ励まされながらも、分娩台でいつ腹を切られるか(((((((;´д`)))))))ガタガタと、子羊のように震えていると...

助産士さんの「子宮口10センチ全開!」との合図で陣痛に合わせ「いきみ」開始!

と、言っても「いきまないお産」を推奨する医院であった為、実際は「ひ〜ふ〜(←ここ深呼吸)ウン(←ここ呼吸を止める)」と言った感じのことを指示されるのだけど、まぁ、後で解る事だけど中の人がデカ過ぎてならなか降りて来れないのでした...(((((((/;_;)/ ヒィィイイー!!
頭は見えてるのにまだお腹の中でジタバタしている我が子!!オソロシヤ〜。
「このままでは赤ちゃん酸欠になっちゃうよ〜がんばって!」と助産士さんに言われ、もう「どうにでもなれ〜」とばかりに最期は死にものぐるいでキバリ(気張るのは禁じ手だったのに...)ましたよ...何度か意識が遠のきそうになって、途中、鼻から酸素吸入が始まり復活!

助産士さん「頭、出て来たよ〜!うわ〜髪の毛モッサモッサ♪触ってみる〜??」
私「いや、いいです...(すごい疲労感でそれどころじゃない)」
旦那「ほんとだモッサモッサだよ〜!」
私「そんなところまで手が伸ばせない...(手を伸ばす気力がない)」

そんな感じの会話をしたのはなんとなく覚えているんだけど...
(注:実際、余裕のある方などは出産の途中で出て来た頭を触って確認する人もいるらしですよ)

その後、断末魔の雄叫びを分娩室に轟かせ、体が引き裂かれるような、オマタが裂けるような感じで難関の頭と肩を押し出したところで「ジュルン」と我が子が飛び出して参りました。

分娩室に入って約3時間半、10時01分 男児誕生。

その赤子のデカいことったら!!!
朦朧とした意識の中で「ええええ??何コレ??新生児??」って産んだ自分が驚くほど。
初産なら帝王切開レベルの巨大児でした。
すぐに産声が上がらず、助産士さんが敏速に口や鼻に詰まった羊水を専用の用具で吸い出すと、ようやく元気いっぱいの産声を上げました。
その声を聞いて「産まれた〜!(産んだ〜!)」とホッとしました。
しかし、デカい我が子!

なんと4106g!!

まさかの4千超えで来ましたか...!
産んだ本人も旦那も助産士さんも看護士さんもみんな大爆笑。
カンガルーケアで2時間ほど胸の上に乗っけられた時点で産後の体にはハードでした(´Д`) =3 ハゥー こんなに大きくて、どうやって入っていたのか?ほんとに自分が産んだのか??俄に信じがたく...旦那に何度も確認したような気がします。

そしてそのカンガルーケア最中の産後のお手当が結構痛かった...後産したり縫合されたり...かなりの出血多量で点滴を2本(結局、病室に戻ってからもで計5本打ちました)トラウマになりそう。

妊婦ライフが臨月までは難なく過ごせたので、まさかお産がこんな壮絶なモノになろうとは...
想像を絶する体験でした。2人とか3人とか産んでる人、ほんと偉いと思います。尊敬します。

そんなこんなで生後2週間の我が子です。
「ハジメマシテ」
c0047024_1302436.jpg

すでに生後1ヶ月先を歩んでいるかのような成長っぷりです。
とにかくその飲みっぷりがすごい...!

そんな授乳の話はまた次回!
[PR]
by tosakanekosha | 2010-07-09 01:30 | 妊娠・出産・育児