というわけで前回の続き…

「現実入門(穂村弘/光文社 刊)」の帯にはこんなことが書いてあった。以下抜粋↓

このまま一生何もせずに終えることはできないー。
「現実」を恐れ、逃げ続けてきた男が、42歳にして初めて挑む。
やるぞ、献血、合コン、部屋探し、そして遂にプロポーズ!

なんて帯に踊らされて読み進めていくと(以下ネタばれ注意!)
美人の女編集者サクマさんの雑誌連載の依頼で著者(以下、愛称ホムホムで統一)は42歳のごく一般的な男性が経験してきているであろう事柄を体験してレポートしていく、という話を引き受け、次々と人生の試練を超えていく(?)といった具合なのだが、これが、もーまんまと美人編集者と共にステップアップする恋愛小説のようになっているのである(なってるのである、というところが重要)。
競馬行ったり、相撲行ったり、健康ランドでムームー着たり…この辺はなんとなくわかるんですけど…
カップルを装ってモデルルーム見学。かと思えば何気なく「占い」で二人の相性をみてもらうよう促す美人編集者。合コンをセッティングして気前よく美人の友達と引き合わせながらホムホムをバリバリの業界人と並ばせて気後れさせたり、ハトバスツアーといいつつ夜景デートしたり、ブライダルフェスタに参加したり、子供を借りて「一日お父さん」をさせながら何気なく美人編集者は子供好き女子をアピールしたり…
この辺は意地悪な読み方をすると美人編集者(一般的に言うとこの負け犬)が一人の男をハンティングしていく実録もののように読めてきて、あー恐ろしい。
そして、美人編集者(美しきドラえもん)の用意する「未来日記(まー懐かしい)」にまんまと墜ちていくホムホム(電車男)…
私はページを捲るたびに「キャーこわい!キャーこわい!」と声をあげずにはいられなかった。
で、結局ふたりは…??と読み終わってからも悶絶。

…こんな出来すぎた話はあるのだろうか??と「嘘だー」と思い調べてみたら、
はっきりとはわからないけれど結婚したのは事実らしい。けど、相手はこんな美しきドラえもんじゃなくて「歌人仲間」らしいことが判明。そしてようやく納得いった次第。
たぶんところどころ本当に取材で、あとは本当に恋人と体験したことをフィクションまとめたんじゃないかなーと思うのだけど…真実はどうなんでしょう??
まーそういう風に勝手に解釈して読むと、まんまと「ホムホムマジック」に自分がはめられたんだなぁ〜あ〜やられたぁ〜と読み返してほのぼのしてくるわけですが…
ほぼ同時期に彼岸の戦友(自分で勝手にそう思っている)も現実(結婚)入門をしていた事実がなんか嬉しかったりして。

こうして私が本を読んで悶絶しながら、ふと顔を上げると旦那が大きめのビーズクッションを枕にサッカー中継に夢中になっていたりする。
私が面白い箇所を適当に読み聞かせると、旦那は頷き時に感想を交えながらも目はブラウン管の中のボールを追っている。
私は読み聞かせて満足なので再び本に没頭し、旦那はテレビに向かって「よしっ」とか歓声をあげている…
こういうのが現実。でも、こういうのがいい。優しい時間が流れている。

愛にはいろんな形があるものです。
c0047024_03130100.jpg

こんなとこにも
c0047024_0312917.jpg

こんなとこからも…
c0047024_0312940.jpg

[PR]
by tosakanekosha | 2005-04-03 00:31 | 本・音楽・アート・動画